『24 JAPAN』3話の逃走シーンが刺激的、寿々は柳美稀だったのか

女優

『24 JAPAN』はアメリカのオリジナル版(2004年)がよかったので、大した期待もせずに惰性で見ていた。3話は誘拐された美有(桜田ひより)と友達の寿々が逃走。そこで初めて寿々が柳美稀(やなぎみき)であることを知った。

柳美稀はただのセクシー担当で出演は終わるのか

1話では寿々はセクシーなグラビアアイドルかと思っていた。2話は酒かドラッグのせいか忘れたが、終始倒れているので顔がよくわからない。3話は二人が誘拐犯から逃走するシーンが展開。寿々の胸がブルンブルンと服から飛び出して暴れている。録画だったので思わずスローモーションで見返してしまった。ただ、夜のシーンなのであまり顔がわからない。その後、柳美稀であることがわかった。ところが、ラストで車に轢かれてしまう。ここでも映像は胸の谷間と盛り上がりが強調されるアングル。セクシー担当のまま、3話で出演は終了か。と思っていたら、少し体が動いたので4話も出演する可能性があることを示唆していた。そして、4話を見た。確かに生きていた。しかし、道路に倒れたまま。相変わらず、つまらない役だった。

内紛状態にある事務所の女優は何かと不利

オスカープロモーション
株式会社オスカープロモーションは、「美文化の創造」を、あらゆるエンターテイメント分野で具現化するプロ集団です。女優・歌手・タレント・モデル・アーティストは6,800名が所属し、それぞれTV、映画、CM、音楽、雑誌、インターネット、ファッションショー、イベントなど様々なエンターテイメント分野で活動しています。

柳美稀はオスカープロモーションに所属する23歳の女優だ。昨年までだったらスター候補の一人として普通にとらえていた。しかし、今年、米倉涼子が退社。有名タレントが次々と続いていく。いま内紛状態なので、この事務所にいるといい役はまわってこないかもしれない。だから、3話の終わりでさっさと死んでしまう役なのかと思ってしまった。『24 JAPAN』では馬鹿っぽい役を演じているが、確かな演技力がある女優。さらにB80・W59・H81という公式サイズ以上に感じるナイスバディの持ち主。ドラマ自体は大して興味はないが、柳美稀の存在はささやかな楽しみになっている。このまま寿々を死なせないでくれ…(栗山千明もいいが)。

(関連記事)
『サイン』でスタイリストの宮島清花役、柳美稀が輝けるシーンを見てみたい

スポンサーリンク
トキノヒト

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。