『ハケンの品格』で篠原涼子と大泉洋、小泉考太郎の珍トリオが復活、後半は安田顕も登場!?

俳優 女優
『契約期間は三か月。契約期間の延長は一切いたしません!私を雇って後悔はさせません!』新水曜ドラマ「ハケンの品格」近日放送!第1話 30秒PR 主題歌 鈴木雅之「Motivation」

4月15日(水)から『ハケンの品格』がスタートする(*1)。いつの間にか1話の予告編が解禁されていて、思わず笑ってしまった。あらためて、篠原涼子(しのはらりょうこ)と大泉洋(おおいずみよう)のやりとりが面白いことを思い出した。

当時は『anego[アネゴ]』が好きだった

『ハケンの品格』の初作が放送されたのは2007年。当時は篠原涼子主演の『anego[アネゴ]』(2005年)が大好きで、放送枠(日本テレビの水10)と脚本家(中園ミホ)が同じということもあり、二番煎じのドラマが始まるのかと思っていた。実際は楽しんで見た(*2)。しかし、両作を比較すれば、繊細な描写が秀でている『anego[アネゴ]』が好きだった。

大泉洋と小泉考太郎の格がグーンと上がった

では、今度の『ハケンの品格』も似たような期待しかないのかというと少し違う。篠原涼子は現状維持がやっとだろうが、大泉洋と小泉考太郎(こいずみこうたろう)の格がグーンと上がっているからだ。特に小泉考太郎は素人みたいな演技だったので印象はまるで変わると思う。おそらく3人の安定感は抜群。どこをとっても破綻がないシーンが展開されると思うのだ。

安田顕はいいところで登場するはず

あとは安田顕(やすだけん)だ。初めて彼を見たドラマが『ハケンの品格』。濃い顔は昔からだが、かなり線が細かった。それがいまや日本を代表する名脇役で主演格。大泉洋とつながりはあるし(TEAM NACS)、ドラマファンの期待は裏切らないと思う(日テレさん、頼みます!)。いいところで登場シーンは用意されているはず(*4)。旧キャストの格が大幅にパワーアップした『ハケンの品格』が楽しみだ。

安田顕はこのドラマのスケジュール調整が鍵。あるいは『ハケンの品格』の出演シーンは既に撮影されているかも。

*1(2020年4月7日更新):緊急事態宣言の発令がドラマの世界にも波及している。命を守ることが一番。仕方がない…。

*2(2020年4月20日更新):新型コロナウィルスの影響で、まだ本編は放送されていない。その代わりとして、先日初作の特別編が放送されたが、記憶していた以上に面白かった。これはどうしてなのか。おそらく大泉洋が関係していると思う。当時は彼のことがよくわからなくて、変な顔の役者が出ていると思ったような気がする。だから、篠原涼子とのかけあいは面白いものの、心底ハマることができなかったのではないか。4月22日(水)にも特別編は放送されるが、それで終わり(*3)。あらためて、大泉洋だけではなく安田顕も出ている初作は貴重だったと感じた次第。このご時勢なので、一気に見返してみるのもいいか。というか、ブルーレイでなくても中古DVDなら買ってもいいかな…。


ハケンの品格 DVD-BOX

*3(2020年4月25日更新):あと2回特別編が放送されることになった。緊急事態宣言が延長になれば、さらに2回放送が追加されるかも。全話放送の可能性はあるので、レコーダーに録画したものは消さないことにした。

*4(2020年7月30日更新):7話で東海林(大泉洋)が『一ツ木さん(安田顕)は部長になったのか』と話していた。いよいよ次週は最終回。最後の最後に安田顕は登場する?

(関連記事)
『下町ロケット』で技術開発部長役、安田顕が助演男優賞級の演技を披露

スポンサーリンク
トキノヒト

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。