『モニタリング』で見せた竹内涼真の反応が秀逸、『テセウスの船』での演技は期待大

日曜劇場のドラマは見れば面白いが、放送前は大抵気分が盛り上がらない。実績があるキャストでかためられて新鮮さに欠けるからだ。『テセウスの船』で主演を務める竹内涼真(たけうちりょうま)でさえも同様。しかし、1月2日に放送された『モニタリング』を見て、いい感じで気分が高まってきた。

竹内涼真の反応は芸人のようだった

『モニタリング』の内容は竹内涼真のファンが一人ずつ出てきて、60秒間で思いを告白するものだった。短い時間の中で涙や笑いがあり、大いに楽しませてもらった。驚いたのは竹内涼真の反応だ。台本がないファンの本気の告白に、素早く切り返してくる。番宣で盛り上がりに欠ける反応をする役者を時折目にするが、竹内涼真はまるで芸人のようなアドリブを披露していた。

想像を越える芝居が見られるか

頭のよさとキレのよさ。『テセウスの船』の撮影現場でも似たようなことが展開されていると想像した。竹内涼真は確かにパワーアップしている。『テセウスの船』で想像を越える芝居が見られるかもしれない。

(関連記事)
仮面ライダー俳優を経て『下町ロケット』で立花洋介役、竹内涼真は将来のスター候補

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ