ネクストブレイク女優ランキング2020、1位は白石聖

さて、ここからは女優編。詳細な選考基準は先にアップした俳優編を見てもらうとして(ネクストブレイク俳優ランキング2020、1位は新田真剣佑)、早速ネクストブレイク女優ランキング2020を発表していこう。

1位:白石聖(21/芸映プロダクション)
2位:松本まりか(35/A-Team)
3位:唐田えりか(22/フラーム)
4位:吉川愛(20/研音)
5位:吉谷彩子(28/トライストーン・エンタテインメント)
6位:松田るか(24/Grick)
7位:水谷果穂(22/研音)
8位:阿部純子(26/アミューズ)
9位:小川紗良(23/ヒラタオフィス)
10位:鈴木ゆうか(23/プラチナムプロダクション)
( )内は年齢/所属事務所

1位:白石聖


白石聖 カレンダー 2019-2020 ([カレンダー])

1位は白石聖(しらいしせい)にした。俳優、女優を含めて、一番推したかったのが彼女だ。2019年は『だから私は推しました』のアイドル役が秀逸。これだけで文句なしの1位だったが、早くも2020年冬クールに横浜流星主演(清野菜名も)の注目作『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』が控えている。主題歌は世界を席巻するシンガー、ビリー・アイリッシュの『バッド・ガイ』。日本テレビの本気度の高さがうかがえる。このドラマの主要キャストに選ばれているのだから、2020年初頭から目が離せない存在であることは間違いない。

『だから私は推しました』で地下アイドルのハナ役、白石聖は朝ドラの主演候補
『だから私は推しました』の白石聖を見て確信、トップスターになることは間違いない
白石聖が『シロクロ』で誘拐された過去がある報道記者役、後半は中心的な存在か

2位:松本まりか

松本まりか | A-Team.Inc(エーチーム)
芸能プロダクション エーチーム

2位は松本まりか(まつもとまり)にした。既にブレイクしているが、主演作と呼べるものはないので選んでみた。『シャーロック』や『ドクターX』の単発出演であの存在感。次は主演クラス、あるいはいきなり主演作が控えているような気がする。再び凄みのある演技で、2020年はもうひと伸びしてくるはずだ。

3位:唐田えりか

3位は唐田えりか(からたえりか)にした。昔から将来性の高さに注目していたが、線が細すぎて過去のランキングでは選んでこなかった。今年は正統派の美女が華やかな蝶に変貌を遂げた。演技力は発展途上だが、事務所の先輩、有村架純の後継者候補として2020年の活躍が期待できそうだ(*1、*2)。

『凪のお暇』の唐田えりかは慎二と熱愛関係に発展する重要な役を演じる?

 

*1(2020年1月26日更新):熱愛や恋愛の破局ならば女優業にプラスの影響を及ぼす。しかし、いまはSNSで普通の人の声が可視化される時代、不倫はまずいだろう。女優は人気商売なので、このまま引退かもしれないね。

*2(2020年1月28日更新):唐田えりかの情報がフラームの公式サイトから削除された。解雇されたのかもしれない。

4位:吉川愛

吉川愛オフィシャルサイト
吉川愛オフィシャルサイト。吉川愛のTV出演情報、雑誌掲載情報、イベント情報など。

4位は吉川愛(よしかわあい)にした。あらためて年齢を調べて驚いたが、まだ20歳だったとは。それであの色気。役によって大胆にイメージを変えてくる器用さがある。美しくて演技派。松本まりか同様にゲスト出演で渾身の芝居を披露するのもいいが、2020年は主演作で楽しませてほしい。

吉川愛が『緊急取調室』9話で圧巻の演技、怪演披露でオファーが殺到か
吉川愛が『ボイス』1話でゲストキャスト、2019年秋クールはテレ朝・木9でレギュラー出演!?

5位:吉谷彩子

Tristone Entertainment Inc.

5位は吉谷彩子(よしたにあやこ)にした。2017年のランキングでは4位。上昇度は今年の方が高いのに順位が落ちてしまった。それだけ強力なライバルが現れたということ。『グランメゾン東京』のパティシェ役は、吉谷彩子の新たな一面が見られて面白かった。ただ、相変わらず華やかさには欠ける。実力の高さは感じとれたので、演技派として活躍していってほしい。

旬の女優ランキング2017~2018、4位は吉谷彩子
吉谷彩子が『グランメゾン東京』でパティシェの松井萌絵役、強烈な存在感を示すか

6位:松田るか

松田るか|Grick
松田るかプロフィール

6位は松田るか(まつだるか)にした。『だから私は推しました』を見るまではノーマーク。華やかさに加えて演技力の高さも感じとれた。事務所の力が弱いので話題作への出演は難しいだろうが、限られたチャンスを自らの力でぶっこ抜いてきてほしい。

『だから私は推しました』で花梨役、松田るかもスター候補の一人

7位:水谷果穂

水谷果穂オフィシャルサイト

7位は水谷果穂(みずたにかほ)にした。2016年のランキングは6位、2017年は連ドラの出演がなかったので対象外。注目してきた女優だが、いざ選んでみると中途半端な順位になってしまう。厳しい芸能界で突き抜けてくる強さがないのかも。ただ、魅力的な女性になってきているのでまだ期待している。

旬の女優ランキング2016~2017、6位は水谷果穂
セクシーなエリィが見たいのに水谷果穂は『凪のお暇』で中途半端な出演、朝ドラが忙しい?

8位:阿部純子

アミューズ オフィシャル ウェブサイト - AMUSE OFFICIAL WEBSITE -
アミューズオフィシャルサイト。所属アーティストの公式プロフィールや最新情報など

8位は阿部純子(あべじゅんこ)にした。他の女優に比べて華やかさには欠ける。しかし、女優力が高いのでどうしても選びたかった。期待していた『ノーサイド・ゲーム』は与えられた役柄が不満。2020年はハマる役柄に出会って実力を発揮してほしい。

『ノーサイド・ゲーム』の阿部純子が楽しみ、主演級の存在感を見せつけるか

9位:小川紗良

小川紗良 プロフィール

9位は小川紗良(おがわさら)にした。演技派が所属するヒラタオフィスの若手。地味な顔立ちだが、表現力が豊かだ。もしかしたら女優よりも監督で活躍する存在なのかもしれない。他の女優とは異なるものを見せてくれそうで楽しみだ。

『向かいのバズる家族』でカフェ店員の桃役、小川紗良は才能溢れる若き実力派

10位:鈴木ゆうか

鈴木 ゆうか|株式会社プラチナムプロダクション公式サイト PLATINUM PRODUCTION
東京・渋谷区にある芸能プロダクション【株式会社プラチナムプロダクション】の公式ホームページです。若槻千夏・東原亜希・岩佐真悠子・木下優樹菜・袴田吉彦・KABA.ちゃん・小倉優子等、多数のタレント・モデル・アーティストが所属。プラチナムプロダクション所属タレントのオンエア情報やプロフィール、オーディション情報

10位は鈴木ゆうか(すずきゆうか)にした。演技力の点では他の9人と差がありすぎ。それでもどうしても入れておきたかった。その理由は華やかさ。女優の実力はどうであれ、常に注目される存在になりそうだからだ。さらに応援したくなるような魅力がある。女優をやっていれば辛いことはたくさんあるだろうが、笑顔を絶やさずに頑張ってほしい。

『4分間のマリーゴールド』で女子高生の遠藤琴がカワイイ、鈴木ゆうかは連ドラの主演候補

以上で女優ランキングは終わり。最後に一言付け加えておく。実は2017年のランキングで6位に選んだ髙橋ひかるを今年も入れたかった。しかし、病気療養中とのことなので2020年の活躍は難しいと判断。オスカープロモーションの次世代エース候補だ。しっかりと治して復帰してほしい。

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ