『4分間のマリーゴールド』で女子高生の遠藤琴がカワイイ、鈴木ゆうかは連ドラの主演候補

『4分間のマリーゴールド』にカワイイ女優が出演している。花巻藍(横浜流星)に好意を寄せる女子高生、遠藤琴を演じる鈴木ゆうか(すずきゆうか)だ。

事務所の先輩は菜々緒

鈴木 ゆうか|株式会社プラチナムプロダクション公式サイト PLATINUM PRODUCTION
東京・渋谷区にある芸能プロダクション【株式会社プラチナムプロダクション】の公式ホームページです。若槻千夏・東原亜希・岩佐真悠子・木下優樹菜・袴田吉彦・KABA.ちゃん・小倉優子等、多数のタレント・モデル・アーティストが所属。プラチナムプロダクション所属タレントのオンエア情報やプロフィール、オーディション情報

プラチナムプロダクションに所属する23歳の女優。役の年齢は17歳だが、実際にはもっと上のお姉さんだ。いまプラチナムプロダクションの稼ぎ頭は菜々緒なので、バーター出演ということになるのだろう。

桐谷美玲に雰囲気が似ている

桐谷美玲に雰囲気が似ていると思っていたら、高校生の頃に憧れていたらしい(ウィキペディアより。公式ソースは不明)。1話を見た時、カワイイがやせ過ぎだと思った。しかし、4話で神社の秋祭りに現れたニット姿には興奮した(*1)。想像以上に胸が大きい。いまは『non-no』の専属モデルなので(*3)、キャリアや体型までも桐谷美玲に通じるものがある。

スターにはなると思うが、今後は演技力が課題

これだけのルックスだから世間が放っておかない。モデルの仕事と並行して次々と話題作に出演していくだろう。このまま順調にいけば、プラチナムプロダクションでは菜々緒や佐久間由衣に続く主演クラスのスターになるはずだ(中村アンは魅力的だが、女優としての格は落ちる)。問題は演技力。いまはあまり感情がのらずに暗記したセリフを発している状態。まあ、それでも初期の菜々緒よりはましだが。

3年後の26歳で主演作が登場か

ただ、23歳なのである程度の演技力は早く身に付けたいところ。カワイイだけではいつの間にか飽きられて、あっという間に勢いがある後輩に抜かれてしまう。ガンガン出演して実力をつけ、3年後の26歳で主演作が登場といったところか。鈴木ゆうかの今後の活躍に注目だ(*2、*4、*5)。

 

*1(2019年11月5日更新):楽天市場で鈴木ゆうかを専属モデルに起用しているショップがあることを知った(事務所のサイトにも掲載)。ショップ名はSecret Honey(シークレットハニー)。『4分間のマリーゴールド』で着ていたニットは、このショップのものかと思って調べてみたが、衣装協力にブランド名は載っていなかったので違うだろう。鈴木ゆうかが女優で売れたら契約は切れると思うし、シークレットハニーとしてはいまの内に服をバリバリ売ってブランドイメージを高めておきたいだろうね。

Secret Honey

*2(2019年11月11日更新):5話を見た。出演シーンは少なかったが、脚の細さと長さが目立つミニスカの制服が強烈だった。いまは見れば見るほど惹かれていく。重要な役ではないが、6話以降も鈴木ゆうかを見るのが楽しみだ。

鈴木ゆうかのインスタより。この美脚がたまらない。

 


non・no (ノンノ) 2020年1月号 増刊 表紙違い・コンパクト版 表紙: 鈴木ゆうか

*3(2019年11月12日更新):鈴木ゆうかが表紙を飾った『non-no』2020年1月号のコンパクト版のビジュアルが解禁された(通常版はSixTONES)。どの雑誌も年初めの表紙には力を入れるもの。2020年の活躍が期待されている証拠だ。

*4(2019年11月25日更新):7話は藍のためを思って、厳しい言葉を投げかけるシーンが展開された。珍しく笑顔を封印。芯の強さが表現され、新鮮な一面が見られた。ただ、いまや横浜流星は主演クラスの俳優。どうしても力の差が目立ってしまう。表情は悪くないが、セリフに感情がのっていない。もっと経験を積まないとね…。

 

*5(2019年12月8日更新):3組の恋愛模様が進展する9話が放送された。もうストーリー展開はどうでもよくて、鈴木ゆうかが見たいから見ている状態。「私も大好き」と藍に抱きつくシーンはかわいかった。いよいよ次は最終回。悲しい結末が描かれると思うが、鈴木ゆうかのシーンは笑顔で締めくくってほしいな…。

(関連記事)
横浜流星が『あな番』枠のドラマ『シロクロ』で主演、2020年冬クールの目玉になるか

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ