藤本泉が『凪のお暇』で美人OL役、元スター候補が脇役なので気持ちは複雑

『凪のお暇』の7話が終了した。相変わらず個性派キャストたちが魅力をふりまいて目移りするが、残念なのが美人OLで織部鈴役の藤本泉(ふじもといずみ)。かつてのスター候補がつまらない脇役にとどまっているからだ。

『凪のお暇』の好きなキャラランキング、トップは武田真治が演じた「バブル」のママ

タイトなワンピースに目は釘付け

セクシーで美人だから、出演シーンがあれば気分は高まる。7話はピンクのタイトなワンピースを着て体のラインがくっきり。目が釘付けになった。しかし、いかんせん役柄がつまらなすぎるのだ。

 

ドラマとは関係ないが、こんなワンピースを着ているお姉さんが好き。

楽天市場 ワンピースランキング タイト

『ストロベリーナイト』の女子高生役は衝撃的


ストロベリーナイト シーズン1 Blu-ray BOX
楽天市場

藤本泉を初めて見たドラマは良作『ハンマーセッション』(2010年)だが覚えていない。印象に残っているのが『ストロベリーナイト』(2012年)の第1話。電車に轢かれて体が左右真っ二つに裂けてしまう女子高生役を演じていた。描写は猟奇的だが、当時は「何て、カワイイんだ」と衝撃が走った。

名門事務所のエース候補だった

STARDUST - スターダストプロモーション制作1部 - 藤本泉のプロフィール
スターダストプロモーション制作1部による&#34276...

すぐにプロフィールを調べ、スターダストプロモーションの所属女優であることを知った。漠然と次のスター候補かと感じた。その直後に朝ドラ『梅ちゃん先生』(2012年)に出演。順調にスターへの階段をのぼっているかのように見えた。しかし、『神戸在住』(2015年)という主演作はあったものの、きれいどころの一人として出演する状況が続いていた。最近はテレビ東京の『ラストチャンス 再生請負人』(2018年)を見たが、いつの間にか二流感が漂っていた。現在27歳。もう藤本泉は終わってしまったのだろうか。

事務所は藤本泉の売り出しに手が回らない?

演技は下手ではない。しかも相変わらずの美人。すっかり大人の女性に変貌し、色気も増している。大手事務所の女優なので、今後も話題作に出演する可能性は十分にある。後は巡り合わせ。ただ、スターダストプロモーションは売り出したいタレントが多すぎて、いまの藤本泉には手が回らないのかもしれない。

美人OL役は華やかさだけはある

『凪のお暇』での出演シーンは少なくて重要度は低い役柄だが、華やかさは主要キャストクラス。艶っぽくなった藤本泉の今後の動向に注目したい(もしかしたら輝いている理由は私生活の充実で、スパッと結婚して芸能界引退なんてことがあるかも?)。

(関連記事)
『凪のお暇』で慎二を好きになる足立心役、瀧内公美はいい刺激を与えるか

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ