『リーガル・ハート』7話(最終回)にセクシー美女、忍野さらがたまらない

録画をしていた『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』の7話(最終回)をようやく見た。ほとんどストーリー展開とは関係ないところで、異様にセクシーな女が出演していた。調べてみたところ、グラビアアイドルの忍野さら(おしのさら)だった。

創業者一族のバカ息子の彼女役か

忍野さらは冒頭から登場する。老人介護施設「株式会社つむぎの丘」、創業家一族の役員・榎本宏光(天野浩成)の彼女(愛人?)という設定のようだ。役名は未知。赤のタンクトップにデニムのショートパンツ。社長室らしきところで、このバカ息子とじゃれあっている。そこへ社長(仙道敦子)が現れるというシーンだ。

初めは夏菜かと思った

暗い室内だったので顔が判別できなくて、初めは夏菜かと思ってしまった。しかし、夏菜がこのような端役をやるわけはないし、よく見ればやはり違う。彼女の出演はこれだけかと思っていたら、最後の法廷シーンにも出てきた。バカ息子の隣で胸のあたりがパカッと開いて谷間が見えるド派手な黄色のチューブトップ(?)を着ている。ここでは創業家一族が裁判に負けて、未知がバカ息子を振るというシーンが展開。冒頭のシーンと違って、今度は低めの声を出して案外しっかりとした芝居をしていた。この時点でまだ彼女が誰であるのかはわからなかった。

本編のクレジットで忍野さらの名前を確認

そして、ドラマの公式サイトを見てみる。予想通り、名前は載っていない。次にドラマの冒頭に流れたクレジットを見たら「忍野さら」の文字を発見。「あ~、あのグラビアアイドルだったのか」という流れだ。

いまの事務所では女優は難しいか

先ほど少し触れたが、派手でバカっぽい役だったが声の出し方はなかなかよかった。見た目はきれいだし、女優進出も面白いんじゃないかと思って所属事務所を調べたらワンエイトプロモーション。女優はいない。有名なタレントは吉岡美穂くらい。この事務所にいては女優は難しそうだ。現在24歳。あと5年くらいはグラビアアイドルでいけそうだが、その後はどうするのか。このままだと先が見えているので、芸能界で生き残るためにはどこかで勝負をしないとね。

(関連記事)
『ご苦楽レストラン』の9話に突如ニットワンピースの女、冴季澪のセクシーボディは衝撃的

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ