吉谷彩子が『グランメゾン東京』でパティシェの松井萌絵役、強烈な存在感を示すか

木村拓哉主演のドラマは見れば面白いが、成功を意識するあまり実績重視のキャストばかりで新鮮味に欠ける。『グランメゾン東京』の情報解禁当初も同様だった。しかし、先日気になる女優の出演が発表された。パティシェの松井萌絵を演じる吉谷彩子(よしたにあやこ)だ。

旬の女優ランキング2017~2018、4位は吉谷彩子

『陸王』とビズリーチのCMが有名

「即戦力採用ならビズリーチ~こころの声篇~」(30秒)| ビズリーチTVCM公開中(字幕あり)

あらためて吉谷彩子の出演作を調べてみたが、想像以上に多いことを知った。ドラマファンが彼女を知ったのは『陸王』(2017年)だろう。世間では転職サイトのビズリーチのCMが有名か。

2019年頃に主演作があると予想していた

以前、吉谷彩子が『陸王』に出演した時に印象を綴ったが、「2019年あたりに連ドラの主演作がありそうだ」と予想していた。もう今年は秋クールしかないので予想はハズレ(*1)。ただ、『グランメゾン東京』の公式サイトに掲載されている松井萌絵の顔付きやキャラクターから想像すると、主要キャストに食い込みそうな存在感を示しそうな気がする。だから、まるっきりハズレでもなさそうなのだ。

木村文乃のオペナースにキャラが似ている

ここで公式サイトに掲載されている松井萌絵のキャラクター紹介文を抜粋する。

生意気で人を喰ったような言動をするが、実際にその能力は高く、尾花に才能を見出される。

尾花は木村拓哉が演じる型破りな(いつもながら)天才シェフ。このキャラクターは『A LIFE~愛しき人~』(2017年)で木村文乃が演じた優秀なオペナースを彷彿させる。と思ったら、木村文乃と吉谷彩子はトライストーン・エンタテイメントの先輩と後輩の間柄だった(忘れていた)。

2020年に連ドラの主演作が登場!?

当時の木村文乃は29歳。吉谷彩子は現在27歳。年齢は近いが、二人の実績を比較すると吉谷彩子は格下。それでも重要なポジションにつくのは実力がある(あるいは期待されている)証拠だろう。おそらく見せ場は十分に用意されているはず。『グランメゾン東京』の出演を経て、2020年には今度こそ連ドラの主演作が登場か!?

 

撮影中に27歳の誕生日を迎えた吉谷彩子。ドラマの前半は、役柄的にこういう笑顔が見られないだろうから貴重。

 

*1(2019年9月30日更新):吉谷彩子は『陸王』の出演を経て勢いづくと予想していたが、目立った作品への出演がなくておかしいと思っていた。どうやら共演した竹内涼真との熱愛があったからみたいだね。ただ、いまは別れたとのこと。いよいよ、エンジン全開かな…。

(関連記事)
『陸王』でこはぜ屋の美人従業員・美咲役、吉谷彩子は将来のスター候補

スポンサーリンク
女優
この記事をシェアする
トキノヒト

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ