『だから私は推しました』で花梨役、松田るかもスター候補の一人


松田るか1st.写真集 RUKA / LUCA
楽天市場

『だから私は推しました』の5話が終了した。相変わらず白石聖は魅力的だが、花梨役の松田るか(まつだるか)について考えをあらためたくなった。彼女もスター候補の一人だ。

華やかさに加えて演技がうまいこともわかった

5話はサニサイ解散の危機が描かれた内容だった。その過程で花梨が路上で歌っていた頃からアイドルへ転身するエピソードも挿入して出演シーンが大幅に増えていた。勝負をしていない素顔の部分は穏やかで、プロとしてアイドル活動をしている時は厳しい一面を見せる。元々目力があるのはわかっていたが、演技をしている時の顔付きがいいと思った。どこで力をつけてきたのかと思い、あらためて出演作を調べてみたくなった。

転機は『賭ケグルイ』か

転機は『賭ケグルイ』(2018年)への出演だろう。このドラマ(後に映画も)は若手の演技派が揃っている。このキャストに選ばれている段階で、プロの目には非凡なものが感じられていたということだ。

松田るかは事務所を牽引する存在になりそうだ

以前、事務所(Grick)の力が弱いから移籍した方がいいと書いた。しかし、いまは考え方が逆。これだけのものを持っていれば、Grick初の演技派として、そして稼ぎ頭として新しい道を切り開いていきそうな気がしてきた。『だから私は推しました』は実質的に桜井ユキと白石聖のW主演。そこにもう一人、松田るかというスター候補がいることを思い知った次第。6話も楽しみだね(*1、*2)。

 

カワイイ。

 

ドラマ内のことながら、確かに仲直りしてよかったと思ってしまった。

https://twitter.com/nhk_sunnysideup/status/1165881635344134144

 

*1(2019年9月8日更新):7話が終了。サニサイの公式ツイッターでこのコメント。架空の話とはいえ、サニサイのファンになってしまったようで解散は寂しい。それにしても、松田るかの細くて白い脚はいいな…。

 


*2(2019年9月9日更新):しつこいが、架空の話とはいえサニサイとドラマが終わってしまうのは寂しい。ハマったんだな…。

(関連記事)
『だから私は推しました』の白石聖を見て確信、トップスターになることは間違いない

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ