『サイン』でスタイリストの宮島清花役、柳美稀が輝けるシーンを見てみたい


柳美稀写真集 空色
楽天市場

『サイン-法医学者柚木貴志の事件-』がスタートした。初回の視聴率はいまのところ今クール最高の14.3%。設定について突っ込みたい部分はあるが、一人の若手女優に注目している。殺された人気歌手・北見永士のスタイリスト、宮島清花を演じる柳美稀(やなぎみき)だ。

『監察医 朝顔』と設定が似ている

本題に入る前にまずは突っ込みたい部分について。フジの月9『監察医 朝顔』と設定が似ていることだ。法医学と刑事モノのブレンド作。この手のドラマは過去にもあったが、同じクールで似たようなドラマはいかがなものか。ちなみに『監察医 朝顔』の原作は2006年に『漫画サンデー』(現在休刊)で連載が開始された漫画。『サイン』は2011年に放送された韓国ドラマのリメイク。登場のタイミングは『監察医 朝顔』の方が早い。視聴者のニーズを分析した結果が同じだったということなのだろうか。

森川葵と飯豊まりえは魅力的に映っていた

内容はさすがに視聴率争いを繰り広げるテレ朝木9のドラマだ。単純に面白い。柳美稀については放送前から注目していたので気にして見ていたが、初回を見た段階で光っていた若手女優は森川葵と飯豊まりえだった。森川葵は当然。実力的にはあんなものではない。意外だったのは飯豊まりえ。名優・大森南朋といい感じで掛け合い(やや危なっかしさはあるが)、想像以上に色っぽくなっていた。あらためて年齢を調べたらまだ21歳。女優業に自信がついてきて、さらに大人の女に変貌しつつある、いい状況が重なった効果か。

柳美稀はオスカーの所属女優

そして、柳美稀だ。泣いたり、おびえているシーンなどで歪んだ顔を見せ、しかも容疑者役なので笑顔はまったくなし。せっかくの美貌がいかされていなかったのは残念だった。そもそも注目していた理由はオスカープロモーションに所属する、21歳の若手女優だからだ。今クールはオスカーの若手女優が主要ドラマに振り分けられている。日テレ水10『偽装不倫』はちょっとお姉さんの田中道子(29)。フジ月9『監察医 朝顔』は宮本茉由(24)。宮本茉由も注目の若手女優なので気にして見ていたが(『東京独身男子』でバーの美人店員・レイカ役、宮本茉由は将来の主演候補)、ただの脇役で終わってしまいそうだ。

米倉涼子の『ドクターX』が起用に関係しているか

柳美稀のキャリアからすれば、普通は事務所の先輩とセットで出演するのが通例。しかし、今回『サイン』にオスカーの大物女優は出演していない。では、実力を評価されてのことなのか。話題になった『賭ケグルイ』の出演シーンを見てみたが、確かに演技はうまそうだ。しかし、真相は違うだろう。次の秋クールにオスカーの看板女優、米倉涼子の『ドクターX』が控えていることが関係していると思う。超人気ドラマはキャスト枠が埋まっているので、柳美稀は『サイン』でといったところか。あるいは『サイン』で実績を積んで、『ドクターX』に出演する可能性があるのかもしれない。

柳美稀はキントリの吉川愛と同じ役割か

これらのことから、今クールでオスカーがもっともプッシュしているのは柳美稀だということが推測される。大手事務所が注力する若手女優だから、『サイン』のどこかで輝ける舞台(シーン)は用意されているはず。例えば前クールに放送された『緊急取調室』の吉川愛みたいな役割だ(主演は研音の天海祐希)。狙っているのか、今回も同じ容疑者役。引き続き『サイン』の柳美稀から目が離せない。

(関連記事)
吉川愛が『緊急取調室』9話で圧巻の演技、怪演披露でオファーが殺到か

スポンサーリンク
女優
トキノヒト

運営者のプロフィール

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ
タイトルとURLをコピーしました