山崎紘菜が『ノーサイド・ゲーム』を経て、ラグビーW杯の波に乗って急浮上!?

『ノーサイド・ゲーム』の番宣を見ていると、さすがに大泉洋は一級のエンターテイナーだと思う。ドラマへの期待は一層高まってきたが、一方で単純に見ていたいのは女優。一番は阿部純子。それ以外では山崎紘菜(やまざきひろな)も気になる存在だ。

『ノーサイド・ゲーム』の阿部純子が楽しみ、主演級の存在感を見せつけるか
『ノーサイド・ゲーム』で吉田夏帆役、南端まいなが妙に気になる

山崎紘菜はラグビーの宣伝役?

役柄は主人公、君嶋隼人(大泉洋)と同じトキワ自動車に勤務する中本理彩。あまりラグビーに関心がない女性らしい。僕自身がラグビーに興味がないので知らなかったが、山崎紘菜はラグビー関係のイメージキャラクター(モデル)をやっているようだ。実際には演じる役柄とは正反対のラグビー好き。ラグビーを盛り上げる役割で『ノーサイド・ゲーム』に送り込まれたのかもしれない。

 


ラグビーサミット第1回 「We Love Japan Rugby」 ラグビーを楽しめ!
楽天市場

ラグビーW杯の放映権は日本テレビが保有

さらに山崎紘菜について調べていったら、ある疑問にぶちあたった。9月20日から開催されるラグビーワールドカップの放映権は日本テレビが保有している。『ノーサイド・ゲーム』はTBS。本来であれば、日本テレビでドラマを制作して、ワールドカップにつなげていくのが普通の流れだ。

TBSでのドラマ化は池井戸先生の意向?

キーマンは原作者の池井戸潤だったのではないだろうか。ドラマ化された原作はほとんどがヒット。大当たりは『半沢直樹』(2013年)で、近作では『下町ロケット』(2015年/2018年)もある。ヒット作はTBSに集中し、すべては『ノーサイド・ゲーム』にも関わっている伊與田英徳プロデューサーが手掛けた作品。演出も同様で、すべてが福澤克雄。さらに福澤克雄は元ラグビー選手。池井戸先生の意向でドラマは信頼と実績があるTBSでやろう、ということになったのではないだろうか。

山崎紘菜の飛躍に期待

ただ、この状況は日本テレビとしては面白くない。そこで、日本テレビのラグビー関連番組に出演している山崎紘菜をぶちこんで、自局にもいい影響を及ぼそうとしたのではないかと。まあ、あくまで勝手な妄想だが、何はともあれ山崎紘菜は見たい。もうひとつ女優として伸びてこないので、このドラマからラグビーワールドカップという波に乗って、もう一段階ステージを上げてくれるとファンとしてはうれしいけれど…(*1、*2、*3)。

 

*1(2019年7月8日更新):1話はつまらない脇役という感じだった。まさか阿部純子の引き立て役で終わるということはないよな…。

*2(2019年8月13日更新):5話まで終了。背が高くて華やかさがあるので画面に映れば目立つけれど、相変わらず役柄の重要度は低い。何かモヤモヤするな…。


*3(2019年8月20日更新):6話は3人娘がアストロズの練習試合を観戦していた。ラグビー好きがラグビーのルールを知らないふりをする演技。最後は笑顔を見せて拍手をしていたので、7話ではラグビー好きになっているのかも。出演シーンが増えてきてファンとしてはうれしいが、相変わらずのつまらない役柄だ。

(関連記事)
旬の女優ランキング2016~2017、2位は山崎紘菜

スポンサーリンク
女優
トキノヒト

運営者のプロフィール

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ
タイトルとURLをコピーしました