『凪のお暇』の慎二はゲスなキャラ、高橋一生が演じるメリットは?

『凪のお暇』が始まった。1話の視聴率は10.3%。2話以降は下がるのが一般的なので、平均は一桁で着地しそうだ。肝心の内容はよくて、早くも秀作の予感がする。凪(黒木華)があまりに不憫で切なくなった。一方、気になったのは慎二役の高橋一生(たかはしいっせい)だ。人気俳優にのぼりつめた彼が、なぜこのようなゲスな役を引き受けたのか。当然メリットはあるはずなので、その辺りを想像してみた。

『凪のお暇』のゴンはハマり役、中村倫也の色気がやばい
『凪のお暇』の唐田えりかは慎二と熱愛関係に発展する重要な役を演じる?

慎二の「して」は不快

もっとも不快だったのは凪の自宅で慎二が「して」というシーンだった。この言葉を聞いた瞬間、凪の表情が曇る。それを嫌々するのは明らか。その後、会社で凪は慎二のゲスな発言を聞いて過呼吸で倒れ、二人は別れる。原作は読んでいないし、脚本で変わるかもしれないが、この一連のシーンで凪が慎二の元に戻ることはないと思った。

慎二をゲスなままでは終わらせないはず

これから慎二がゲスな男になった背景が描かれるようだ。原作の評判によれば、慎二は読者に嫌われているようなので、背景(生い立ち?)がわかったところでダメなものはダメなのだろう。ただ、ドラマは人気俳優の高橋一生が演じている。原作以上に慎二をゲスなままでは終わらせないはずだ。

大島里美の脚本は温かな目線が特徴


わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた スぺシャルエディション [DVD]
楽天市場

この仮定を実現する上で重要なのが脚本と演出だ。まずは脚本について。手掛けているのは大島里美。好きだった連ドラは『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(2007年)、『リアル・クローズ』(2009年)、『早海さんと呼ばれる日 』(2012年)。単発ドラマでは『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』(2016年)があった。共通するのは温かな目線。当然、ゲスな慎二にも向けられることは想像される。

坪井敏雄はそぎ落としていく演出が特徴

次は演出について。関わっているのは3人いて、公式サイトの先頭に載っているのは坪井敏雄(チーフは土井裕泰?)。好きだった連ドラは『Around 40 ~注文の多いオンナたち~』(2008年)、『スマイル』(2009年)、『獣医ドリトル』(2010年)、『カルテット』(2017年)、『中学聖日記』(2018年)。たまたま『カルテット』の演出家を調べた時があって、坪井敏雄は6話。説明的な描写がそぎ落とされた傑作回だった。『凪のお暇』の1話の演出は不明だが、順番からいけば坪井敏雄だろう。クライマックスでは再度彼が演出するはずだ。

夫役の宮藤官九郎がメイン、『カルテット』の6話が傑作の理由

高橋一生が真骨頂を発揮するか

このようにスタッフは優秀なので、後は演じる高橋一生にかかってくる。嫌われキャラでスタートした慎二に対し、いかに違和感なく温かな部分を吹き込めるか。つまり、メリットは演じがいがある難役であること。高橋一生が真骨頂を発揮するシーンが見られそうだ。

(関連記事)
高橋一生が『カルテット』の4話で渾身の演技力を炸裂

スポンサーリンク
俳優
トキノヒト

運営者のプロフィール

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ
タイトルとURLをコピーしました