『凪のお暇』のゴンはハマり役、中村倫也の色気がやばい


中村倫也 最初の本 『 童詩 』
楽天市場

『凪のお暇』の出演を経て、もっとも飛躍しそうなキャストは誰か。それはゴンを演じている中村倫也(なかむらともや)だ。

『凪のお暇』の慎二はゲスなキャラ、高橋一生が演じるメリットは?

名門事務所の器用な俳優

中村倫也を一言で説明すれば、イケメンの実力派だ。ざっくり20作くらいは見てきた。10代の頃は危険な匂いがする男だったが、いつの間にか丸くなって突き抜けない印象があった。事務所(トップコート)は悪くない。だから、いい役に恵まれてもよさそうなはず。しかし、どのような役も器用に演じてしまうから、便利に使われてきたのかもしれない。

『新宿セブン』は主役でもいけた

最近では『新宿セブン』(2017年)の役がつまらなかった。主演は上田竜也だったが、中村倫也がやってもハマりそうだった。この年は『スーパーサラリーマン左江内氏』のコミカルな警官もつまらなかった。別に彼が演じなくてもいい役。このまま脇役で終わってしまうのか、そういう印象があった。

『新宿セブン』は上田竜也の代表作になることは間違いない

『初めて恋を~』の教師役がよかった

昨年は朝ドラ『半分、青い』が話題になったが、見ていないのでわからない。そのような中、今年ハッとする役があった。『初めて恋をした日に読む話』で演じた高校教師だ。斜にかまえて生きつつも、主人公(深田恭子)には本心でぶつかっていたモテる男。この役は『凪のお暇』のゴンに通じるものがあった。

本来持っている雰囲気と実年齢が合ってきた

そして、『凪のお暇』だ。客観的にみて、慎二よりもゴンの方が魅力的だろう。しかし、好きになってはいけないタイプの男(*1)。中村倫也の年齢を調べて驚いたが、まだ32歳。10代の頃から見ていたせいか、30代後半くらいの印象があった。ギラギラというよりアンニュイな男の色気。本来持っている雰囲気と実年齢が合ってきた。本格化してきた中村倫也から目が離せない。

 

*1(2019年8月4日更新):3話を見た。ゴンはメンヘラ製造機か。この言葉、ツボにはまったよ。

(関連記事)
『凪のお暇』の好きなキャラランキング、トップは武田真治が演じた「バブル」のママ

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ