『向かいのバズる家族』でカフェ店員の桃役、小川紗良は才能溢れる若き実力派


向かいのバズる家族

『向かいのバズる家族』が低視聴率にあえいでいる。深夜枠とはいえ平均2.0%台はひどい数字だ。しかし、内容的には2019年春クールのドラマでもっとも好きかもしれない。特にナマハゲチョップという裏の顔を持つ主人公、あかりを演じる内田理央は最高。『海月姫』(2018年)のまやや役を経て、完全に突き抜けてきた。その他、『向かいのバズる家族』には魅力的な脇役がいるが、筆頭はカフェ店員、盛田桃役の小川紗良(おがわさら)だ。

『東京独身男子』でバーの美人店員・レイカ役、宮本茉由は将来の主演候補

『ブラックスキャンダル』では女優の卵役

ゲスの極み乙女。「ドグマン」

小川紗良については、『向かいのバズる家族』で初めて存在を意識したが、出演作を調べて『ブラックスキャンダル』(2018年)で見ていたことを知った。女優の卵で枕営業をしている小嶋夏恋の役。当時、気にならなかった理由は、表面的には清純な役だったので、僕が好きなグッとくるような女っぽさが感じられなかったから。プロフィールを調べている過程で知ったが、『ブラックスキャンダル』の主題歌、『ドグマン』(ゲスの極み乙女。)のミュージックビデオに出演している。ここには小嶋夏恋の裏の(本当の?)顔を表現する魅力的な彼女がいた。これを当時見ていたら、小川紗良に対する感じ方は変わっていたはずだ。

小悪魔ぶりが魅力的

そして、『向かいのバズる家族』である。あかりを翻弄する小悪魔ぶりが前面に押し出されたキャラクター。SNSでバズりたいがために、ナマハゲチョップになりすました”桃ハゲチョップ”で可愛く暴走。一方で、メイクのせいなのか、ややテカった顔が艶めかしくてそそられる瞬間もある。可愛さとセクシーさが同居した不思議な魅力を兼ね備えた存在なのだ。

事務所は一線級の女優を輩出するヒラタオフィス

ただ、ルックスだけの女優だったら数作で消えるが、気になったのは演技力の高さだ。不安そうな表情から(実際に緊張しているのかも)、予想外の喜怒哀楽が表現される。「こいつ只者じゃないな」と思って所属事務所を調べて納得した。ヒラタオフィス。以前、松岡茉優(現在はヒラタインターナショナル)や土村芳の記事で触れたが、ここは一線級の女優を輩出する事務所なのだ。だから、演技がうまいのは当然。いままさに頭角を現してきたということなのだろう(既にNHKの朝ドラにも出演している)。

『問題のあるレストラン』を見て確信、松岡茉優は日本を代表する女優になる
『恋ヘタ』の土村芳が持ち前の演技力で千尋のかわいさを表現

映画監督の一面も持つ才女

現在22歳。女優としては前途洋々だが、驚いたことに映画監督の一面も持っているようだ。今後は普通の女優の定義には当てはまらない活動をするかもしれない。あふれんばかりの才能に恵まれた小川紗良の動向に注目だ。

(関連記事)
『向かいのバズる家族』であかりの父の部下役、藤井武美は遅咲きのスター候補

スポンサーリンク
女優
この記事をシェアする
トキノヒト

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。 にほんブログ村 テレビドラマ