『カルテット』の満島ひかりはみぞみぞするが、おさえつけられている印象

女優

『カルテット』を見ていて、満島ひかりはいまの日本で最高の女優だという印象は変わらない。ただ、こんなもんじゃないだろうという思いもある。

夫役の宮藤官九郎がメイン、『カルテット』の6話が傑作の理由
『カルテット』の高橋一生、めんどくさい家森諭高役で魅力が全開
『カルテット』の松田龍平、行間が読めない別府役の完璧な演技が光る

突き抜けられることを避けているのか

満島ひかりのよさは、こちらが想像する以上のものを出してくるところだ。非常に繊細な部分を内包していて、人格が壊れそうなほどの演技を見せたり、突然何かが始まったり。ダメじゃないけれど、『カルテット』では本来の力の70%くらいしか出ていないようなイメージなのだ。一人だけ突出しないように、坂元裕二が脚本でおさえつけているような気がする。僕はそれこそ、もっとみぞみぞする彼女を見てみたいんだよね。最終回付近では彼女を解き放ち、炸裂するシーンを見せてくれるのだろうか。

3話で安藤サクラが声の出演

ところで、3話では気になるシーンが挿入されていた。すずめの過去を回想するシーンで出てきた「OL辞めてロンドンで暮らしてます」というブログ。物語の設定上、これを書いた本人で声の出演をしていたのが何と安藤サクラ。公式サイトのどこにも情報はないが、本編のエンドロールに名前が出ていてわかった。劇中では「会ってあやまりたい」みたいなことを語っていたから、もしかしたらどこかで出演するかもしれない(満島ひかりと同じ事務所だし)。

高橋一生が中心の4話、視聴率への影響が気になる

さて、4話はいよいよ『カルテット』の真打(本当の)、高橋一生が中心の回が放送される。いまは並行してNHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演し、本人にとってはまったく気が抜けない状態が続いていると思う。そんな中で力を発揮するのは難しいと思うが、リアルタイムで見られる視聴率への影響にはとても興味がある。残念ながら、大好きな満島ひかりが中心の3話はこれまでで最低の7.8%。高橋一生の力で4話を二桁に乗せたら世の中は大騒ぎだろうな…。

(関連記事)
旬の俳優ランキング2016~2017、2位は高橋一生

スポンサーリンク
トキノヒト

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。