『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で介護士役、永野芽郁が気になる

女優

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』のキャストがほぼ出揃った。ここまで3人の主要キャストの魅力について触れてきたが、脇を固める演技陣も目が離せない。その一人が永野芽郁(ながのめい)だ。

永野芽郁が『左江内氏』の8話にスーパーウーマン役で出演、裏は『アナ雪』だが視聴率は上がる?

実年齢より上の20歳の介護士役

役名は船川玲美。現段階で公式サイトの人物相関図は公表されていないが、彼女のブログに情報が掲載されていた。杉原音(有村架純)の友人で、20歳の介護士という設定とのこと。実際には16歳なので、少しお姉さんを演じることになる。

バーター出演だろうが将来性は高い

映画『俺物語!!』予告編

永野芽郁の所属事務所は名門スターダストプロモーションである。主要キャストの一人である森川葵も同じ事務所なので(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で突き抜ける森川葵が見たい)、いわゆるバーター出演ってやつか。しかし、ここに至るまでのキャリアを考えると将来性は相当高いと思う。

最近出演した映像作品は映画『俺物語!!』。ここでかなり魅力的な女子高生を演じている。演技力もまあまあ。さすがはスターダストプロモーションの女優である。

女優の登竜門であるニコモの出身

ニコラ12月号「RMRMリアル友情物語」#2 永野芽郁・大谷凜香・久間田琳加・鈴木美羽

まあ、とはいってもまだ女優というよりはファッションモデルとしての顔、『nicola』のモデル(ニコモ)の印象が強いかもしれない。実はこのキャリアが将来性を感じさせる一つの要素でもある。ここで、現在女優として活躍しているニコモ出身者を挙げてみる。

栗山千明、蒼井優、沢尻エリカ、新垣結衣、岡本玲、能年玲奈、西内まりや、日南響子、川口春奈、二階堂ふみ、松井愛莉、飯豊まりえ。

あらためて見てみると、突き抜ける力のある女優を輩出していることがわかる。

若い割にはフェロモンが漂う

いまは着実にスターのレールの上を歩いているので、後は女優に対する適性や本人の努力次第となるだろう。まだ16歳なので顔立ちや雰囲気はどんどん変わっている段階。事務所のプロフィール画像はカワイイ感じにおさまっているが、若い割には妙に女のフェロモンが漂っている。20~22歳くらいでかなり女を感じさせる存在になっているのではないだろうか(恋愛経験があればさらにアップ)。ちょうど今回の役柄が20歳なので、その辺りの成長具合が垣間見れるかもしれない。非常に気になる女優の一人だ(*1)。

 

*1(2019年7月28日更新):『いつ恋』の役は大したことがなかったけれど、その後はバリバリ活躍して、朝ドラのヒロインにまでのぼりつめてしまった。それでもまだ19歳(今年の9月で20歳)。20代になれば、もう一段階色っぽくなるだろうから楽しみ…。


【Amazon.co.jp 限定】【Amazon.co.jp 限定特典/永野芽郁クリアファイル付き】連続テレビ小説 「半分、青い。」 LAST PHOTO BOOK

(関連記事)
旬の女優ランキング2016~2017、5位は永野芽郁

スポンサーリンク
トキノヒト

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。