『表参道高校合唱部!』で美しき生徒役、高杉真宙は連ドラの主演候補

俳優


高杉真宙 Photo Collection METAMORPHOSIS

ようやく録画した『表参道高校合唱部!』の第6話までを見ることができた。随分強引なストーリー展開のドラマなんだね。でも、回を重ねるごとに若いキャストの魅力が増してきて、けっこう好きになってしまった。気になる生徒役は数人いる。その中でも高杉真宙(たかすぎまひろ)は無視できない存在だ。

『嫌われる勇気』の8話で次男役、高杉真宙の出演は貴重

初登場時のインパクトは大きかった

第2話のメインキャストで、不登校の宮崎祐役。長髪で引きこもり。これがビジュアルのみならずキャラクターもなかなかハマっていた。ただ、その後の回では単なる合唱部の一員として個性が消滅。キャラクターに面白みがなくなってしまった。それでも彼に注目するのには理由がある。

スパイスパワーのエース

所属する事務所はスパイスパワー。堀北真希や黒木メイサ、桐谷美玲、桜庭ななみなどが在籍するスウィートパワーを母体とする俳優系の部門である。スウィートパワーが少数精鋭で一線級の女優を輩出していることもあり、高杉真宙も同様な期待が高まるのだ。

繊細な演技ができる俳優

初めて見た連ドラは『13歳のハローワーク』(2012年)。しかし、まったく出演シーンを覚えていない。実際、目にとまったのは『ゴーストライター』(2015年)の出演時だった。主人公である遠野リサ(中谷美紀)の息子役。女の子のように美しい顔立ちながら、その心は母親に対する反発に満ちていて、思春期特有の複雑な内面を見事に表現していた。

『表参道高校合唱部!』には金の卵が多数

それに比べれば、いまのところ『表参道高校合唱部!』での輝きは物足りない。さらに悪いことに視聴率も低迷。ただ、このドラマには金の卵が何人も出演しているし、その筆頭候補である高杉真宙をドラマファンは見ておくべきだ。いずれ彼は連ドラの主演を務めることになるはずだから…。

(関連記事)
旬の俳優ランキング2015~2016、4位は高杉真宙

スポンサーリンク
トキノヒト

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。