『問題のあるレストラン』の東出昌大、演技上の問題はなし

俳優

東出昌大は演技が下手だと思っていた(東出昌大が『問題のあるレストラン』に出演、演技は下手でも注目度は最高)。しかし、『問題のあるレストラン』を見て、彼に対する考え方が変わった。

好感を持てる役柄だと気が付いた

決してうまくはない。でも、下手でもない。その理由は、男として東出昌大が演じているキャラクターに好感を持っている自分に気が付いたためだ。

普段冷たい男が優しい面を見せると惹かれる

ここでの彼はいつも自分が中心。自分が一番優れていると思っている。これだけだと単なる嫌な男で終わるが、料理(仕事)に対する姿勢は尊敬できる。ストイックに最高のものを提供しようと努力する。表面的にはかなり冷たいから、恋愛対象としては難しい。しかし、こういう男がふと優しさを見せたりすると、女性としては惹かれるものがあるのではないだろうか。

演技指導をされてうまくなったか

東出昌大が演じているシェフに対する印象はこんな感じだ。こういう風に思わせるのだから、彼の演技は下手じゃない。誰かに演技指導をされて、うまくなった可能性はある。視聴率の低さが批判されているが、僕はドラマファンとして『問題のあるレストラン』が大好きだ。

(関連記事)
『問題のあるレストラン』を見て確信、松岡茉優は日本を代表する女優になる

スポンサーリンク
トキノヒト

この記事を書いている人

シュン(@shundrama)。ドラマ好きなおやじ。これからブレイクする俳優や女優を見つけることをライフワークとしている。