『陸王』でこはぜ屋の美人従業員・美咲役、吉谷彩子は将来のスター候補

『陸王』の7話が終了し、視聴率は14.7%とやや下がったが、高いレベルで推移している。主演の役所広司はベテランらしく堂々たる演技を披露。竹内涼真も相変わらず勢いを持続させている。そのような中、もっとも注目したいキャストは、こはぜ屋の従業員で仲下美咲に扮する吉谷彩子(よしたにあやこ)だ。

トライストーン・エンタテイメントの所属女優

『陸王』の放送前、キャストを見渡して彼女の存在は認識していた。まったく記憶に残っていないが、出演作も見ている。唯一気になったのはトライストーン・エンタテイメントの所属女優であることだった。この事務所の柱は小栗旬。綾野剛も在籍している。女優では木村文乃が稼ぎ頭だろう。吉谷彩子は写真の雰囲気から華は感じられなかったが、先輩たちのように演技派なんだろうと想像していた。

徐々に気になり始め、5話で魅力が溢れ出ていた


第五話 陸王を脱いだ茂木!大企業が牙を剥いた~倒産を救う息子の絆

1話が放送され、はっきりと吉谷彩子を認識した。この時はだいたい想像していた通り。ところが、回を追うごとに気になってくる。5話では彼女にスポットライトが当たり、女優としての魅力が溢れ出ていた。

2016年当時の吉岡里帆に似ている

やっぱりスターを輩出する事務所の女優だった。出演シーンは少なくても、自信をつけてきていることが背景にあるのか、輝いて見える。この感覚は、いよいよ連ドラの初主演作が控える吉岡里帆の2016年当時に似ている。

主演作は2019年あたり?

もう吉谷彩子の活躍は間違いないだろう。順調にいけば、連ドラの主演作は2019年あたり。新たなスターの誕生である。

(関連記事)
『ゆとりですがなにか』で佐倉悦子役、吉岡里帆は個性派女優として開花!?
『A LIFE』で三条さん役、咲坂実杏は竹内結子クラスのスター候補
『陸王』の1話を見て号泣、役所広司の人間力に驚嘆した
竹内涼真が『陸王』に出演、好影響を及ぼすことは間違いない