吉岡里帆の連ドラ初主演作『きみが心に棲みついた』は心配

吉岡里帆(よしおかりほ)が連ドラ初主演を務めるTBSの『きみが心に棲みついた』が2018年1月16日の火曜夜10時から放送される。いろいろと調べてみたが、心配になってきてしまった。

スポンサーリンク

『あなたのことはそれほど』のスタッフが結集

まずは簡単に作品情報を紹介。原作は『FEEL YOUNG』で連載中、天堂きりんの同名作。主要スタッフは『あなたのことはそれほど』(2017年)を手掛けた脚本家・吉澤智子と演出家・福田亮介だ。

『あなそれ』と『きみ棲み』は祥伝社の刊行物

個人的に『あなたのことはそれほど』は好きなドラマではなかったが、平均視聴率は11.3%だったので、まあ何とか成功したといえる。気になるのは『あなたのことはそれほど』と『きみが心に棲みついた』が祥伝社の刊行物であること。裏で変な力関係がはたらいているとしたら、ドラマの内容にも悪影響を及ぼす可能性はある。

『逃げ恥』の脚本家は『アンナチュラル』へ

さらに、この放送枠は14.6%の平均視聴率を記録した『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)と同じ。ところが、その『逃げ恥』の脚本家・野木亜紀子は石原さとみの『アンナチュラル』にいってしまった。

力が分散している印象

つまり、旬の女優である吉岡里帆の連ドラ初主演作でありながら、思いっきり力を入れているわけではないのだ。TBSにとって、1月クールの本命が『99.9~刑事専門弁護士~SEASON Ⅱ』であることは明白。そして、『きみが心に棲みついた』と『アンナチュラル』で力が分散してしまったというのが全体から受ける印象だ。

初回11%以上、平均二桁が合格ライン

このような背景の中、吉岡里帆はプレッシャーを感じながら『きみが心に棲みついた』に臨んでいることだろう。平均視聴率の目標は二桁。初回は11%を超えたいところだ(*1)。何とか頑張ってほしいな…。

人気者の証、2018年版のカレンダーが絶賛発売中!!


吉岡里帆 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-173
amazon
楽天市場

*1(2018年1月17日更新):初回の視聴率は9.4%だった。ストリップシーンは嫌な気持ちになったけれど、吉岡里帆はいいね。タイトなニット姿にはそそられたし、何よりキョドコのキャラクターを魅力的に演じている。下着メーカーの社員ということもあり、今後はもっと肌を見せて攻めてくるのかな…。

(関連記事)
旬の女優ランキング2016~2017、3位は吉岡里帆
高橋一生に吉岡里帆など、今年のNHK紅白は『カルテット』な演出がある?
高橋一生がNHK紅白の審査員、大至急予約録画を!!