片山萌美が『新宿セブン』でヤクザの愛人役、相変わらずのいい女

いま、テレビ東京の連ドラってハズレがないんじゃないかな。上田竜也主演の『新宿セブン』もなかなかいい。初回のゲストで目立っていたのはヤクザの愛人役を演じていた片山萌美(かたやまもえみ)。相変わらずのいい女だった。

七瀬が胸を鑑定

鑑定士の七瀬(上田竜也)に片乳を揉まれて本物かどうかの鑑定をされていたね。見ている方としてはうれしいサービスカットだけれど、まだこんな役をやらされているのか。女優として期待しているので頑張ってほしいな…。

都丸紗也華も胸を鑑定される役で出演

ところで、同じくセクシー担当では、コリアンバー・エルドラドの従業員役で都丸紗也華(とまるさやか)が出演していた。こちらも七瀬が胸を鑑定。ワンシーンだけなので、見ていても気が付かなかった人がいたのでは。公式サイトに画像はあるものの、キャストとしての紹介はなし。こちらはそもそもグラビアアイドルで女優としては微妙なので、こんな程度の扱いか…(クラウドファンディングを活用した写真集のプロモーションを兼ねているんだろうね)。


第01話

(関連記事)
『ハロー張りネズミ』でスナックのバイト役、片山萌美には大物感が漂う
『フリンジマン』のニット姿は反則、筧美和子はどこに向かうのか
夏菜が『下北沢ダイハード』でちょいエロな役、次は深夜枠の主演作に期待
『新宿セブン』は上田竜也の代表作になることは間違いない