森川葵が『先に生まれただけの僕』で音楽教師役、振り切った演技に期待

櫻井翔が35歳の校長(鳴海涼介)を演じる日本テレビの連続ドラマ『先に生まれただけの僕』が2017年秋クールに放送される。主要キャストが公表されている中、もっとも注目しているのは音楽教師の矢部日菜子を演じる森川葵(もりかわあおい)だ。

日テレ土10は完全にジャニーズ枠

『先に生まれただけの僕』は日本テレビの土10ドラマである。この放送枠は、春クールが亀梨和也の『ボク、運命の人です。』で、いまの夏クールが錦戸亮の『ウチの夫は仕事ができない』。完全にジャニーズ枠になっている。これまで高視聴率を記録しているわけではないが、想像していた以上に内容はいいので、極端に悪い結果が出なければこの方針は続いていくのだろう。

森川葵は若手屈指の演技派

さて、話を森川葵に戻そう。現在22歳の女優。割と豊富なキャリアを誇るので、まだ22歳なのかという感覚がある。先日、高畑充希の記事でも触れたが(高畑充希が『過保護のカホコ』で圧巻の演技、今後の大化けに期待)、若手屈指の演技派。振り切った時の芝居は尋常じゃない。

演出の水田伸生が見せ場を作ってくれるはず

ここでのヒロインは現代社会の教師を演じる蒼井優になるのだろうか。また、多部未華子は鳴海涼介の恋人役なので、森川葵の出演シーンが多いとは思えない。ただ、そこは『Woman』(2013年)で満島ひかりを輝かせた演出家・水田伸生。いい素材を前にして、何もしないなんてことは考えにくい。きっと森川葵の見せ場も作ってくれると思う。例えば、わがままな生徒を相手に突然ブチぎれるとか、とにかく強く印象に残るシーンを期待したいな…。

(関連記事)
旬の女優ランキング2015~2016、2位は森川葵
馬場ふみかがたまらない、『下北沢ダイハード』の8話を見逃すな!!
『先に生まれただけの僕』で生徒役、青木悠介には注目