新川優愛が『脳にスマホが埋められた!』でパタンナー役、人気女優の仲間入りを果たすか

日本テレビで放送されていた春クールの木曜ドラマ『恋がヘタでも生きてます』が予想以上によかったため、夏クールの『脳にスマホが埋められた!』にも期待していた。そして迎えた初回、予想以上に面白い。内容以外で見続けたくなった最大の理由は、パタンナーの石野柳子を演じる新川優愛(しんかわゆあ)が魅力的であるためだ。

企画と脚本がいい

彼女の話題に触れる前に内容について少々。

実は放送前、期待はしつつもかなり心配していた。演技力の高さは認めるが、もの凄くひきつけられるわけではない伊藤淳史が主演。さらにスタッフの中心は僕の中で大コケだった『奪い愛、冬』の鈴木おさむが企画を担当。正直、内容的には危ないと思っていた。しかし、いい意味で裏切られた。元々、鈴木おさむはバラエティを主戦として活躍してきた放送作家。こういう、笑いを取り入れたアイデア勝負の題材が得意なのだろう。面白い企画を軸として、脚本家(森ハヤシ)がしっかりと肉付けしている。深夜枠なので視聴率は取れないと思うが、注目すべきドラマであるとは感じた。

『銭の戦争』の愛人役はよかった


新川優愛1stフォトブック「yua friend」 (Tokyo news mook)
amazon
楽天市場

さて、ここから新川優愛について触れていこう。最近(しっかりと)見た彼女の出演作は『銭の戦争』『恋仲』(2015年)、『グ・ラ・メ!』(2016年)、『IQ246』(2016年)だ。この中では『銭の戦争』のはすっぱな愛人役が好きで、その後の活躍に期待していた。ところが、話題作に出演しているにも関わらず、まるで突き抜けてこない。チャンスをものにできていなかった。

『脳スマ』ではヒロイン

これまでのことがあったので、『脳にスマホが埋められた!』でも、ただのビジュアル担当かと思って期待感が下がっていた。しかし、あらためてキャストを眺めてみると、ヒロインという位置付け。作品の格は下がっているが、女優のポジションは上がっている。これはチャンスなのではないかと思った。

小悪魔的な役柄が向いているか

僕が好きなセクシーな役ではないが、ここではかわいくて魅力的。社長(岸谷吾朗)に復讐をすべく、脳内スマホ人間になった折茂圭太(伊藤淳史)を利用する小悪魔的なキャラクターもいい。このドラマを足掛かりに、新川優愛が再び話題作に出演して、人気女優の仲間入りを果たす可能性はありそうだ。

(関連記事)
『恋仲』で医者役、新川優愛をもっと見たい
『銭の戦争』の女優3人+1人がやけに色っぽい
『恋ヘタ』の土村芳が持ち前の演技力で千尋のかわいさを表現
『恋がヘタでも生きてます』で小池奈々役、今野杏南はセクシー担当以上の存在

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
この記事を読んだ人はこんな記事にも関心があります
スポンサーリンク
スポンサーリンク