『民衆の敵』の高橋一生、今度はスーツ姿に萌える女子が増殖!?

先日、2017年秋クールに放送される月9のタイトルが決まった。『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』。なかなか、いいタイトルだね。不満だらけのいまの世の中、このタイトルだけを見ると共感する部分があるんじゃないだろうか。そのような中、旬の俳優である高橋一生(たかはしいっせい)はどのような役割を担うのか、ちょっと予想してみた。

スポンサーリンク

今度は悪役か?

タイトルが未定だった頃、公式サイトに掲載されていた古い情報だが、あらためて読んでみて気になる部分があった。まずは役柄のおさらい。高橋一生が演じるのは政治家一家のプリンス、藤堂誠。以下、気になる部分を抜粋してみる。

「そんな自分にずっと葛藤し悩んできましたが、次第にゆがんでいき誰も知らない裏の顔を持つように…」。

「裏の顔」って何?
もしかして、今度は悪役?

主人公と恋愛関係には発展しない?

次にプロデューサー(草ヶ谷大輔)のコメントを抜粋。

「物語が進むにつれて生まれる智子と誠の関係にもぜひともご注目ください」。

智子とは主人公の篠原涼子が演じる新米市議のこと。智子にはフリーターの夫がいるので(古田新太?)、恋愛関係に発展する可能性は低い。正義の味方が悪の道に入り込んだ誠を救い出すという展開か?

身に付ける物のブランドが話題に?

最後は話題性に関する予想。以前、今度の月9は『民王』(2015年)の貝原茂平を思い出すと書いたが(高橋一生が10月の月9で主演ではない理由を考えてみた)、高橋一生にとっては久々にスーツが基本スタイルの役。僕は男だからその感覚はわからないが、スーツ姿の男に萌える女性っているんでしょ? それがいまをときめく高橋一生ならばなおさら。

彼が着ているスーツはどこのブランド?
ネクタイや時計、靴は? 

という感じで話題になることは必至。いまは有力ブランドが名乗りを上げて、制作現場ではいろいろと大変なことになっているんじゃないかな…。

(関連記事)
『コード・ブルー』初回で突然高橋一生!? ドコモのCMが泣ける
『いつ恋』の高橋一生、金髪パパ役があまりにリアルで切ない
『ペテロの葬列』ではエリート社員、高橋一生のキレた演技が炸裂か!?
竹内涼真は『ひよっこ』の島谷より『過保護のカホコ』の麦野の方が断然いい