『恋がヘタでも生きてます』で小池奈々役、今野杏南はセクシー担当以上の存在

高梨臨が主演を務める日本テレビの連続ドラマ『恋がヘタでも生きてます』が始まった。放送前にキャストを調べていて、その上で全然期待しないで見たのだが、日テレ深夜枠のドラマの割には妙にいいキャストが揃っていることを実感した。中でも知名度と存在感のギャップが一番大きかったのが、プランナー兼プロデューサー補の小池奈々を演じる今野杏南(こんのあんな)だ。

初めはただのグラビアアイドルかと思った

今野杏南はいきなり冒頭から登場したのだが、この時は誰だかわからなかった。ゲームプロデューサーの茅ヶ崎美沙(高梨臨)に新ゲームの企画を歩きながら説明する彼女。ボディラインがはっきりわかるニットを着用し(胸に目が釘付け)、この時点では「いい女だな」という印象で、セクシーなビジュアル担当のグラビアアイドルかと思っていた。

ルックスは石原さとみに似ている

その後、何度か登場する中で映る角度によっては石原さとみに似ていることを感じつつ、何となく今野杏南ではないかと思った。そこで再度『恋がヘタでも生きてます』の公式サイトにアクセスしてみたが、名前が掲載されていない。そして、最終的に今野杏南の公式ブログで出演していることを確認。このドラマにおいては、その他大勢の女優という存在でしかないということなのだ。

しっかりと芝居をしていることに驚いた

それもある程度は理解できる。今野杏南はバリバリのグラビアアイドルだからだ。


撮られたい (ヤングキングコミックス)
amazon
楽天市場

ただ、驚いたのは彼女がしっかりと芝居をしていたことだ。そこで、あらためて彼女のプロフィールを調べてみたくなった。

年齢的にグラビアアイドルは厳しいと判断?

所属事務所はヴィズミック。ここで活躍している女優は武田玲奈くらいだ。以前は注目していた女優の松浦雅が所属していたが、いまはルースという事務所に移ってしまった(『GTO』では読者モデルの役、美少女・松浦雅から目が離せない)。それから意外だったのが年齢。いまは27歳で今年の6月で28歳になる。そう、年齢的にグラビアアイドルとして活動していくには厳しいと判断したのかもしれない。そうかといって、この事務所に在籍していては女優も厳しいと思う。しかし、グラビアアイドルとは思えないほどに、しっかりと演技をしている点がひっかかるのだ。

園監督との出会いがいい経験になったか

深夜枠の連ドラで端役をやっているくらいだから、代表作と呼べるようなものはない。一体、どこで芝居の勉強をしたのだろうか。気になるキャリアでは、才能を発掘することでも有名な園子温監督がドラマ版と映画版の『みんな!エスパーだよ!』や映画『新宿スワン』(2015年)に起用していることが挙げられる。彼女の公式ブログによれば、『恋がヘタでも生きてます』は1時間の連続ドラで初のレギュラーとのこと。彼女、いい作品に恵まれれば、どこかで化ける可能性はあると思うよ。

やっぱり、いい女だな…。

(関連記事)
野崎萌香が『CRISIS』で演じるバーの女は悲劇の象徴か
『ハロー張りネズミ』でスナックのバイト役、片山萌美には大物感が漂う
朝ドラ『ひよっこ』で幼なじみの時子役、佐久間由衣がスターになることは確実
『Chef~三ツ星の給食~』でAD役、橋本梨菜のセクシーボディは衝撃的
『恋がヘタでも生きてます』でプログラマーの橋本司役、淵上泰史がワイルドな魅力を披露

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク