『ボク、運命の人です。』の木村文乃が魅力的

『ボク、運命の人です。』がスタートした。初回の視聴率は12.0%。コレ、けっこう面白い。女性の関心は亀梨和也や山下智久だろうが、僕は断然、木村文乃(きむらふみの)だ。

脚本は『世界一難しい恋』の金子茂樹

『ボク、運命の人です。』は日テレの土10ドラマだけれど、まるで水10ドラマのようでラブストーリー作品として水準が高い。初回の演出は僕が好きな佐久間紀佳。決め手は脚本の金子茂樹だろう。彼は最近ではオリジナル脚本で『世界一難しい恋』(2016年)を世に送り出し、ドラマファンをキュンキュンさせた人物。今回もオリジナルで繊細な描写が実に素晴らしいのだ。

木村文乃が輝きまくり

このようにスタッフが恵まれた中で、木村文乃が輝きまくっていた。一部では「大根」と囁かれている。しかし、それは昔のこと。いまはうまくなっていて、ここでもさらに演技力の高さが確認できた。

「運命」という世界観に酔いしれたい

ストーカーのようにつきまとう正木誠(亀梨和也)におびえて顔がひきつる表情や気持ち悪がる態度がリアル。以前の彼女では表現できなかったようなきめ細かい演技を見せている。私生活が充実していることもあるのか、いまは本当にのっている。緩急の表現がうまい亀梨和也がメインの相手ならば、最終的にいい作品に仕上がると思う。殺伐とした世の中だし、せめてドラマの中では「運命」という世界観に酔いしれてみたいね…。

(関連記事)
『A LIFE』の木村文乃、強気なキャラを自信たっぷりに好演
亀梨和也が『ボク、運命の人です。』で演じるキャラクターが魅力的
亀梨和也が『怪盗 山猫』で演じるキャラクターが魅力的
大野智が演じる『世界一難しい恋』の鮫島社長がお茶目でカワイイ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
この記事を読んだ人はこんな記事にも関心があります
スポンサーリンク
スポンサーリンク