『ひよっこ』の三男役で注目の泉澤祐希、原点は傑作ドラマ『白夜行』

朝ドラ『ひよっこ』のヒロインは谷田部みね子を演じる有村架純で、助川時子を演じる佐久間由衣も注目の存在だ(朝ドラ『ひよっこ』で幼なじみの時子役、佐久間由衣がスターになることは確実)。華やかな部分は女性に譲るとして、実力派の若手俳優が主要キャストに加わっている。みね子の幼なじみ、角谷三男を演じる泉澤祐希(いずみさわゆうき)だ。

演技派が揃う事務所に所属

やはりというべきか、朝ドラに出演することが決まって泉澤祐希が注目を浴びているようだ。地味ながらも超がつくほどの演技派が揃っている事務所、アルファエージェンシーに所属する23歳の俳優。公式プロフィールによれば、8歳から子役として活動している。1993年6月11日生まれなので2001年あたり。しかし、主な出演作として初めに掲載されている作品は2006年にTBSで放送された連続ドラマ『白夜行』となっている。

『白夜行』では幼少時代の桐原亮司役


白夜行 完全版 DVD-BOX
amazon
楽天市場

僕も彼に関する記憶はこの辺り。放送当時は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)のフレッシュなコンビ、綾瀬はるかと山田孝之の再共演が話題になった。僕は綾瀬はるかの大ファンで、最終的にこの『白夜行』で俳優・山田孝之に心底惚れ込んだ。泉澤祐希は山田孝之が演じる幼少時代の桐原亮司に扮していた。

『表参道高校合唱部!』で名前と顔が一致

実は放送当時は名前を知らなかった。泉澤祐希が『白夜行』の子役を演じていたことを認識したのは『表参道高校合唱部!』(2015年)のキャストを調べている時だった。あの名子役がこんなに大きくなったのかと驚いたのだ。ただ、 僕の苦手な真面目な役だった上に(秀才の合唱部部長)、他の生徒役に注目すべき役者が揃っていたので、このサイトで取り上げることはしなかった。

『表参道高校合唱部!』で美しき生徒役、高杉真宙は連ドラの主演候補
『表参道高校合唱部!』で引田里奈役、森川葵は世界レベルの逸材か
『表参道高校合唱部!』で一軍の生徒役、小島梨里杏は新垣結衣の後継者か

福田麻由子との共演シーンは見応え十分

さて、『白夜行』に話を戻そう。初回は2時間バージョンだった。視聴率は14.2%で、2006年当時としてはそれほど高くはない。それもそのはず、内容は絶望的なほどに暗かったためだ。しかし、僕は衝撃と同時に大きな感動を受けた。

圧巻だったのは綾瀬はるかが演じる唐沢雪穂の幼少時代に扮した福田麻由子の演技。彼女は既に『ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏』(2004年)や『女王の教室』(2005年)で実績を積んでいたが、演技に凄みが増していた。そこに懸命にくらいついていったのが泉澤祐希。二人の共演シーンは大人顔負けの迫力で、大きな感動を生み出していた。

名子役が大人の俳優として開花するか

あらためて調べてみると、その後も出演作は途切れることがなかったようだ。最近では『仰げば尊し』(2016年)で嫌な生徒の役でスポット的に出演していた。話題作や主演作もあるにはあるが、重要な役はほとんどない。子役が大成することは相当難しいので、やはりその程度の役者におさまってしまったのかと思っていた。しかし、真面目にやっていれば見る人は見ている。ようやく大きなチャンスが巡ってきた。『白夜行』の名子役が『ひよっこ』で大人の俳優として開花する時を迎えそうだ(*1)。

*1(2017年4月3日更新):今日、1話が放送された。泉澤祐希は出演シーンは少ないながらも、主要キャストの一人としてきちんと存在感を示していた。しばらくは有村架純を中心に物語は進むだろうが、どこかで彼の高い演技力が発揮されるはず。その時は思いっきり泣けるシーンを見せてほしいね…。

(関連記事)
相葉雅紀が30周年の月9『貴族探偵』で主演、成功の可能性を探ってみた
『あなたのことはそれほど』でバーテンダー役、成田偉心は向井理の後継者か

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
この記事を読んだ人はこんな記事にも関心があります
スポンサーリンク
スポンサーリンク