『左江内氏』の3話で不動のセンター役、浜辺美波は今夏にブレイクか

日本テレビで放送されている『スーパーサラリーマン左江内氏』は初回の視聴率こそ12.9%で健闘したものの、その後は9.6%→9.2%で、ほぼ内容の出来とリンクした形で推移している。見れば面白いが、大騒ぎするドラマでもない。そのような中、突然3話に浜辺美波(はまべみなみ)が出演。何か裏(宣伝)があるように感じたので、ちょっと調べてみた。

スポット的な使われ方に違和感

ここではアイドルグループ、ルージュパンクの不動のセンター・真中ありさの役。左江内(堤真一)が勤める会社のCMに出演する、裏表が激しいアイドルを演じていた。個人的に浜辺美波は次々と主演を務めていく女優になると感じているので(旬の女優ランキング2015~2016、5位は浜辺美波)、こんなスポット的な使われ方に違和感をおぼえたのだ。

今後公開される主演映画は2作

今後のスケジュールを調べると、2つの主演映画があった。

・『咲-Saki-』(2017年2月3日公開)
・『君の膵臓をたべたい』(2017年7月28日公開)

『咲-Saki-』はTBSの深夜枠で放送されていた連ドラの映画化だ。間もなく公開されるので、自然体でいけばこれの宣伝を兼ねての露出。しかし、他局がからむ映画なので、日本テレビとしては積極的に協力したくはないはず。それよりも本命は『君の膵臓をたべたい』だろう。

『君の膵臓をたべたい』でスターの仲間入りか


君の膵臓をたべたい
amazon
楽天市場

これは原作が昨年の本屋大賞で2位にランクインした話題作だ。さらに、企画・製作・配給は東宝で、浜辺美波は東宝芸能に所属する女優。映画公開後に女優としてのステイタスが一段と上がることが予想される。そして、ここが重要なポイントだが、これまで日本テレビには浜辺美波の出演ドラマが存在していなかった。将来のスター候補とまったく接点がないのはまずいと思ったのかもしれない。だから、スポット出演でもいいから関係を築いておきたかった。あるいは今年のどこかで日テレの主演作が待機しているのかもしれない。ということで、『君の膵臓をたべたい』のヒット予想を受けて、水面下では浜辺美波の争奪戦が始まっていると思うよ。

(関連記事)
永野芽郁が『左江内氏』の8話にスーパーウーマン役で出演、裏は『アナ雪』だが視聴率は上がる?
水上京香が『左江内氏』の7話にひっそりと出演
旬の女優ランキング2016~2017、トップは水上京香