松たか子の確かな選択眼、『カルテット』は高視聴率を記録するか

一線級の役者が揃った『カルテット』の中で、もっとも関心が低かったキャストが主演の松たか子だった。しかし、彼女のプロフィールを眺めていたら、ぼんやりと『カルテット』の成功が見えてきた。その理由について、ちょっと触れてみたいと思う。

憧れの初恋相手のようなイメージ

関心が低いとは書いたが、かつては松たか子の大ファンだった。例えていえば、憧れの初恋相手のようなイメージ。以前、その辺りのことについては触れたことがある。

『おやじの背中』、松たか子はまだ輝きを失っていなかった

デビュー時から脚光を浴びて、一気に頂点にのぼりつめた女優。スターになれば、今度はじっくりと作品を選べる立場になる。ここで近年の出演作をピックアップしてみる。

独立後は出演作が軒並み成功

・連続ドラマ
『運命の人』(2012年)→平均視聴率:12.0%。
『おやじの背中』(2014年)の第1話『圭さんと瞳子さん』→視聴率:15.3%(平均視聴率:9.4%)。

・映画
『アナと雪の女王』(2014年)→声優として出演。興行収入:255億円。
『HERO』(2015年)→ 興行収入:46.7億円。

松たか子は2011年から個人事務所を設立して独立している。そして、その後に選んでいる仕事が軒並み成功をおさめているのだ。これは何を意味するのか?

セルフプロデュースの能力がある?

もしかしたら、優秀なブレインがついているのかもしれないが、松たか子自身にセルフプロデュースの能力があると思うのだ。当たる作品を見る目、嗅覚があるというべきか。その彼女が次回作に選んだのがこの『カルテット』。内容面については心配していない。その上で、さらに視聴率もいけるんじゃないかと思ってきたわけ。前クールの『逃げるは恥だが役に立つ』は平均14.6%を記録して2016年の第3位となった。『カルテット』も成功の可能性は十分にあると思う。

(関連記事)
『カルテット』では元地下アイドルで魔性の女、吉岡里帆の色気が炸裂か!!
高橋一生が『カルテット』でまた変わり者の役、吉岡里帆とのからみに期待
旬の俳優ランキング2016~2017、2位は高橋一生
ドラマ出演が続く松田龍平、『カルテット』で今度こそ力量を感じてみたい

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク