『逃げるは恥だが役に立つ』の超イケメン、大谷亮平は大物感がたっぷり

『逃げるは恥だが役に立つ』に一際目立つイケメンがいる。津崎平匡(星野源)が勤める会社の後輩、風見涼太を演じる大谷亮平(おおたにりょうへい)だ。

スポンサーリンク

将来的には星野源と立場が逆転?


アミューズに所属する36歳の俳優。一応、星野源のバーターということになるのだろうが、将来的には立場が逆転しそうな雰囲気が漂っている。

『ラヴソング』で存在感を示す

初めて見た彼の映像作品は今春にフジテレビで放送された『ラヴソング』だ。公式サイトにクレジットがないので記憶で書くが、過去にレコード会社のディレクターかなんかをやっていて、現在はもう少し偉い役職(プロデューサー?)に就いているという人物を演じていた。出演シーンは少なかったが、存在感は抜群だった。漠然といずれは大役を演じるようになるだろうと思っていた。

キャリアの大部分は韓国作品

今回、あらためて大谷亮平について調べてみたが、キャリアの大部分が韓国ドラマや映画でのもの。主演ではないが人気ドラマや大作映画(『神弓』『バトル・オーシャン 海上決戦』)に出演しているので、韓国のエンタメが好きな人々の間では知られていたと思われる。僕は彼が出演した韓国作品を見ていないが、どういうわけか昔から知っているような気がする。もしかしたら、モデル時代に見たことがあるのかもしれない。

スケール感がある作品での演技も見てみたい

さて、今回の『逃げるは恥だが役に立つ』での役柄だが、いまのところ森山みくり(新垣結衣)をめぐって三角関係に発展しそうだ。でも、最終的には結ばれないだろう(原作を読んでいないので知らない)。ただ、そんなストーリー展開のことよりも、他のキャストにはない大物感が気になる。オリコンスタイルのインタビューによれば、いずれは大河ドラマに出演したいとのこと。まさにそんな雰囲気だ。甘いラブストーリーも似合うが、スケール感がある作品で演じる彼も見てみたい。福山雅治の人気に陰りが感じられる中、アミューズは早く次の柱(いまの稼ぎ頭は佐藤健?)がほしいだろうしね…。

(関連記事)
旬の俳優ランキング2016~2017、トップは大谷亮平
大谷亮平が『奪い愛、冬』に出演、今度は強引な男で魅了!?
『あなたのことはそれほど』でバーテンダー役、成田偉心は向井理の後継者か
『逃げ恥』の新垣結衣を見て大胆予想、電撃結婚が近い!?
星野源が『逃げるは恥だが役に立つ』で演じる無表情な潔癖症男が面白い