視聴率なんて関係ない、『怪盗 山猫』の亀梨和也には凄みがある


怪盗 山猫(DVD-BOX)
amazon
楽天市場

『怪盗 山猫』の第5話の視聴率は7.9%だった。初めての一桁。途端に放送開始からこれまで褒め称えていた世間が、バッシング一色に変わった。確かに視聴者が離れたのは事実。しかし、ドラマファンは、亀梨ファンはちゃんと見ているのか。主演の亀梨和也は、己を信じて突き抜け続けている。

名作映画やルパン三世を思い出した

亀梨和也について語る前に、ちょっとだけ違う話をしておこう。

これまで触れたことはなかったが、『怪盗 山猫』というタイトルを目にした時、初めに浮かんだのはルキノ・ヴィスコンティ監督の映画『山猫』(1963年)だった。ただ、これについて触れると長くなるのでやめておく。そして、本編を見てすぐに思い浮かんだのはモンキー・パンチ原作の『ルパン三世』だ。

『怪盗 山猫』は神永学の小説である。作者は1974年8月生まれ。リアルタイムでアニメ『ルパン三世』を見ていた世代ではない(はず)。小説『山猫』を発表したのが2006年。その辺りの時代を調べてみたが、『ルパン三世』が話題になった形跡はなかった。でも、かなり影響は受けたと思う。

ジャニーズの中では珍しい役者

『怪盗 山猫』に流れるコア(核)は「カタルシス(精神の浄化作用)」と「ピカレクス・ロマン(悪漢小説)」だ。これは『ルパン三世』にも通じるもの。主人公のルパン三世は一定のクールさを保っていたが、山猫は時に激しく感情を高ぶらせるかなり人間臭いキャラクター。決定的に違いはある。そのより人間臭い主人公の山猫を亀梨和也は自分のものにして、思いっきりよく演じている。ジャニーズのタレントとしては珍しい存在だと思う。

ここでジャニーズに在籍し、僕が俳優として感じるタレントを挙げてみる(順不同)。

風間俊介、上田竜也、堂本剛、香取慎吾、草なぎ剛、木村拓哉、中居正広、東山紀之、山下智久、生田斗真、長瀬智也、岡田准一、二宮和也。

いま、あらためて眺めてみて、僕がもっとも好きなのは堂本剛のような気がする。役者として非凡なものを見せてくれるのは風間俊介。草なぎ剛も悪くはない(カメレオン俳優・草なぎ剛の『スペシャリスト』が相変わらず面白い)。木村拓哉は別格。築いてきたものがとてつもなく凄い。岡田准一もいいが、ちょっと真面目臭い雰囲気は気になる。

突き抜け感が半端じゃない

当然、この中に亀梨和也は入ってくる。視聴率は関係ない。『怪盗 山猫』での突き抜け感は、ジャニーズのタレント同士で比べるレベルではない。KAT-TUNから赤西仁や田中聖が抜け、今春には田口淳之介が脱退。もう実質的にKAT-TUNは終わりだろう(*1)。そんな中、亀梨和也は懸命に目の前の仕事に取り組んでいる。危機感を抱きながら演じる山猫は、凄みすら感じられる。『怪盗 山猫』での亀梨和也は、視聴率で切り捨てられる存在ではないはずだ。

*1:この記事を書いている時には知らなかったが、本日KAT-TUNの活動休止が発表された(正確には5月から充電期間を設けるというもの)。やっぱり、亀梨和也の演技に表れていた危機感は本物だったんだね…。

(関連記事)
亀梨和也が『ボク、運命の人です。』で演じるキャラクターが魅力的
成宮寛貴が電撃引退、心に残るドラマは『幸福のスープはいかが?』
亀梨和也が『怪盗 山猫』で演じるキャラクターが魅力的

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
この記事を読んだ人はこんな記事にも関心があります
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『視聴率なんて関係ない、『怪盗 山猫』の亀梨和也には凄みがある』へのコメント

  1. 名前:ところ 投稿日:2016/02/16(火) 16:32:00 ID:fac5e9b9a

    突き抜けていながら違和感ないのは怪物くんの大野だったな
    絶対滑ると思ってたけどw
    亀梨の山猫はやや滑り気味になる所もあるが思ってたよりうまかった
    まぁ今まで作品を見た事がないから「思ってたより」ってのはイメージだが

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/03/06(日) 04:05:51 ID:3122f21bc

    怪物君おかしかったぞ。人それぞれの感じ方だけど。
    亀梨の実写はベムも山猫もきちんと役作りして演じてるのが見て取れる