『臨床犯罪学者 火村英生の推理』で美人女子大生役、堀口ひかるには注目しておきたい


臨床犯罪学者 火村英生の推理【Blu-ray】 [ 斎藤工 ]

斎藤工と窪田正孝が共演する日本テレビの連続ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』が1月17日(日)の夜10時30分から放送される。なぜか公式サイトで主演が明言されていないが、原作上の主人公は斎藤工が演じる火村英生。単独主演だと弱いので実質的には『デスノート』(2015年)である程度の実績を残した窪田正孝とのW主演ということなのだろうか。始まる前からやや不安がよぎる本作だが、注目していた女優が出演する。女子大生役の堀口ひかる(ほりぐちひかる)だ。

『地獄先生ぬ~べ~』のスタッフが集結

とりあえず、まずは作品データから紹介しておこう。

キャスト:斎藤工、窪田正孝、優香、山本美月、マキタスポーツ、清水一希、堀口ひかる、松永渚、小野寺晃良、長谷川京子、松澤一之、生瀬勝久、夏木マリ
原作:有栖川有栖『火村英生』シリーズ(KADOKAWA、講談社、光文社、新潮社、文藝春秋、徳間書店、幻冬舎)
脚本:マギー(『地獄先生ぬ~べ~』)、佐藤友治(『サムライせんせい』『民王』『地獄先生ぬ~べ~』)
音楽:井筒昭雄(『医師たちの恋愛事情』)
チーフプロデューサー:松岡至(『掟上今日子の備忘録』)
プロデューサー:戸田一也(『地獄先生ぬ~べ~』)、小泉守(『地獄先生ぬ~べ~』『妖怪人間ベム』)、松山雅則(『地獄先生ぬ~べ~』)
演出:佐久間紀佳(『花咲き舞が黙ってない』シリーズ、『地獄先生ぬ~べ~』『妖怪人間ベム』)、明石広人(『地獄先生ぬ~べ~』)、浅見真史(『妖怪人間ベム』)

内容は英都大学社会学部・准教授の火村英生(斎藤工)と推理作家・有栖川有栖(窪田正孝)が難事件を解決していくミステリー。酷評が目立った『地獄先生ぬ~べ~』を手掛けたスタッフが集結しているので視聴率的には心配されるが、今度の主人公は人間なので内容的にはあまり変なことにはならないだろう(としておく)。

斎藤工と同じ事務所、連ドラの出演も同じ

さて、ここから本題の堀口ひかるに話を移そう。彼女はブルーベアハウスに所属する27歳の女優である。目立った経歴としては2013年のアサヒビールのイメージガールがある。最近の出演作は『ダークスーツ』(2014年)、『医師たちの恋愛事情』『オトナ女子』(2015年)。気が付いた人もいるかと思うが、すべて斎藤工の出演作。同じ事務所なのでバーター出演ってやつだろう。

女優としてのポジションが上がりつつある

『医師たちの恋愛事情』までは公式サイトで名前がなかったが、『オトナ女子』でようやく写真付きで載ってきた。実際、僕が彼女を意識したのも『オトナ女子』。「なんて美人なんだ」と思って存在を知ったわけ。演技は悪くないし、声もきれいで通りがいい。いまはドラマの開始に合わせるかのように、『すぐ婚navi』の第4弾、2016年度版の新CMが1月1日から流れている。『臨床犯罪学者 火村英生の推理』では火村准教授のゼミを履修する美人女子大生、松野貴子の役。女優としてのポジションが上がってきているので、出演シーンも多くなってくると思う。同級生役・山本美月との美の競演にも注目だ。

(関連記事)
『Chef~三ツ星の給食~』で美人教師役、堀口ひかるの存在感に注目
『わたしを離さないで』は女王・綾瀬はるかの新たな代表作になるか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
この記事を読んだ人はこんな記事にも関心があります
スポンサーリンク
スポンサーリンク