『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で突き抜ける森川葵が見たい

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に名を連ねるキャストの中では、森川葵(もりかわあおい)も注目すべき一人だ。

市村小夏に扮し高良健吾が演じる曽田練に恋する役のようである。元々、彼女についてはかなり気にかけていたが(『表参道高校合唱部!』で引田里奈役、森川葵は世界レベルの逸材か)、まさかこんなに早い段階で連ドラの王道である月9に出演するとは想像していなかった。というのも彼女については「王道ではないが一流の女優にのぼりつめることを確信した」とこのサイトで印象を綴ったばかりだったからだ。

実際、最近まで主演作『テディ・ゴー!』と『監獄学園-プリズンスクール-』という深夜枠の連ドラに出演。ほぼ予想通りに裏街道を歩んでいた。『テディ・ゴー!』は面白みに欠けたが、『監獄学園』の緑川花役は魅力的。アンダーグラウンドな世界で花開く女優だという認識自体は変わらなかった。

しかし、今度はいきなりバリバリの表舞台となる月9に登場である。スターダストプロモーションの女優だと思えば当然なのだが、彼女に関してはカルトな匂いがしていたのだ。しかし、冷静に同事務所の所属女優を俯瞰してみると、中心的な存在である北川景子が2016年に30歳を迎え、期待された瀧本美織は例の恋愛スキャンダルで失速。本田翼も月9『恋仲』で主演を務めるもののイマイチ伸び切れない中、森川葵に白羽の矢が立つのは自然な流れといえる。

20歳という若さながら演技力はピカイチ。存在感も非凡で、だからこそ映画女優として世界に飛び出していく方向が面白いと思っていた。しかし、月9に出るとなれば話は違ってくる。とりあえずはこれで日本のショービジネス界のスターにのぼりつめることは間違いないだろう。本当に『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』のキャストは粒揃い。そのような中で森川葵がどのように突き抜けてくるのか。その瞬間を見られるのかと思うと、いまからワクワクしてくる。

(関連記事)
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で介護士役、永野芽郁が気になる
高良健吾が『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で主演、2016年の代表作になるか
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で金髪の難役、高橋一生の演技を見るのが楽しみ
国民的スター誕生前夜、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の高畑充希が楽しみ
旬の女優ランキング2015~2016、2位は森川葵