『下町ロケット』でヒゲの若手技術者役、山崎育三郎の今後が気になる

『下町ロケット』の第3話が終了し、何と視聴率は全回の17.8%を上回る18.6%を記録。吉川晃司の登場シーンがさらに増えたように思えたが、一方で若手技術者の真野賢作を演じる山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)の魅力が光っていた。

ミュージカルを中心に活躍している俳優兼歌手

僕はこのドラマを見るまで、彼の存在を知らなかった。第3話に至るまで、やけに印象に残る映り方をするなあとは思っていたが、プロフィールを調べて納得した。

年齢は29歳。ミュージカルを中心に活躍している俳優兼歌手である。2014年まではアトリエ・ダンカンに所属していたが、事業停止に伴い研音に移ってきたようだ。

舞台出身者のような大袈裟な動きがなくて自然

演技や顔付き、声のトーンは悪くない。舞台出身者のような大袈裟な動きもないので、うまく作品にもとけこんでいる。過去の活動を映像で見てみたが、ヒゲを生やしたのは最近で、研音に掲載されているプロフィール写真は別人のようにスッキリとしたイケメン。『下町ロケット』の職人技術師のようなギラギラ感がないのだ。

研音の俳優なので活躍の機会は多いか

このドラマの印象が強すぎると、今後の活動にも影響を及ぼすと思う。普通に考えれば、研音所属なのでドラマや映画などの活動が増えてくるはず。そこで得意の舞台はどうするのか。また、キャラクター的にワイルドでいくのか爽やかなイケメンでいくのか。いずれにしても、ドラマファンとしては面白い俳優が出てきて、今後の動向が気になるところだ(*1)。

*1(2015年11月30日更新):後半パートとなる「ガウディ計画編」では北陸医科大の研究員という設定に変わった。トレードマークのヒゲは剃り落し、今度はソフトなイメージのイケメン。これが本来の山崎育三郎に近いんだろうね。キャラクターが変わったことで演技もそれに合わせている。なかなか器用な役者だ。これは次の連ドラも期待できるね。

(関連記事)
イヤミ課長が『下町ロケット』で本部長役、木下ほうかはやっぱり俳優が本業
仮面ライダー俳優を経て『下町ロケット』で立花洋介役、竹内涼真は将来のスター候補
『下町ロケット』第2話の吉川晃司、最低限の演技力は保ってセーフ
『下町ロケット』の初回感想、殿村経理部長役・立川談春の演技に感動
『下町ロケット』で技術開発部長役、安田顕が助演男優賞級の演技を披露