イヤミ課長が『下町ロケット』で本部長役、木下ほうかはやっぱり俳優が本業

『下町ロケット』のキャストの中で、いつか触れておきたいと思っていてここまで来てしまったのが、帝国重工の宇宙航空部本部長、水原重治役の木下ほうか(きのしたほうか)だ。

イヤミ課長がドラマデビュー!?

いまでは『痛快TV スカッとジャパン』でイヤミ課長(馬場課長)を演じているタレントといった方が知られているかもしれない。あえて「俳優」ではなく「タレント」と書いたのは、『下町ロケット』の放送開始頃、ツイッターであるつぶやきを見かけたからだ。

「ついにイヤミ課長がドラマデビュー」。

確かこんな感じの内容だった。いやいや、それは逆。木下ほうかは元々俳優でバラエティの役が大当たりしただけだよって突っ込みたくなった。でも、これは木下ほうかに対する世間の認識を象徴しているとも思った。

どこか冴えない役者だった

彼の俳優歴を眺めてみると、僕が初めて見た出演ドラマは『あなたの隣に誰かいる』(2003年)になる。その後、ずっとドラマで見かけてはいたが、冴えない役者の一人だと感じていた(演技が下手という意味ではない)。そして、ようやく彼の名前と存在をはっきりと認識したのが『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(2014年)の編集長役。これがまた嫌味な役で、その直後に『スカッとジャパン』に出ていたから影響は与えていたと思う。

普段は物腰柔らかな人

さて、本題の『下町ロケット』だが、あらためてこの人の本業は役者なんだと実感した。普段は物腰柔らかな感じなのに、ここでは見事なまでに嫌味な本部長というキャラクターに変わっている。これ、演技が下手だったら地が出てしまってそれらしく見えない。やっぱり演じることが職業の役者なのだ。そんなに出番はないとは思うが、登場シーンではしっかりと存在感を示す彼。ただいま絶好調、これからも木下ほうかから目が離せない。

(関連記事)
『下町ロケット』でヒゲの若手技術者役、山崎育三郎の今後が気になる
『下町ロケット』で技術開発部長役、安田顕が助演男優賞級の演技を披露
『下町ロケット』の初回感想、殿村経理部長役・立川談春の演技に感動
仮面ライダー俳優を経て『下町ロケット』で立花洋介役、竹内涼真は将来のスター候補
福山雅治の『ラヴソング』、爽やかな空気感が漂う内容を希望

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク