『無痛~診える眼~』で金髪の南サトミ役、浜辺美波には注目しておきたい


浜辺美波 ファースト 写真集 『 瞬間 』
amazon
楽天市場

西島秀俊が主演を務めるフジテレビの連続ドラマ『無痛~診える眼~』が10月7日(水)の夜10時から放送される。視聴率的には苦戦が予想されるが、南サトミ役の浜辺美波(はまべみなみ)には注目しておきたいところだ。

『無痛』の裏は脚本・遊川和彦の『偽装の夫婦』

裏番組は主演が天海祐希で、脚本が『家政婦のミタ』(2011年)の遊川和彦とのコンビで送る『偽装の夫婦』(『偽装の夫婦』で宅配業者役、工藤阿須加の成長力に期待)。ただでさえ、この放送枠は日本テレビが強いのに、今回は最終回の視聴率で40.0%(平均25.2%)を記録した『家政婦のミタ』の再来を狙っている雰囲気がする。とてもじゃないが『無痛~診える眼~』に勝ち目はない。しかし、視聴率が低く一部でしか話題にはならなくても、浜辺美波については早く触れておいた方がいいと思ったから取り上げることにした。

長澤まさみが所属する東宝芸能の若手

彼女が所属する事務所は東宝芸能である。稼ぎ頭は長澤まさみだ。まだ15歳と若いが、当然ポスト長澤まさみの一人として、期待は担っているはずだ。その一方で、僕は同事務所ならば色気のある山崎紘菜の方がタイプで、実際に長澤まさみの後継者は彼女だと思っている(『監獄学園』で裏生徒会の会長役、山崎紘菜には大物感が漂う)。

しかし、日本の若い男の子は浜辺美波のようなかわいいタイプの方が好きだろう。前述したように『無痛~診える眼~』は低視聴率を予想しているため(*1)、ここで浜辺美波が大ブレイクすることはないと思っているが、ひょっとしたらひょっとするのだ。

めんま役が印象に残った

彼女が話題になったのはNHK連続テレビ小説『まれ』への出演。最近ではフジテレビで放送された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のドラマ版で重要な役どころである本間芽衣子(めんま)を演じていた。

将来的には連ドラの主演候補

ロリっぽい感じなので、まだ僕のストライクゾーンには入ってこない。しかし、演技力が高いことはわかった。『無痛~診える眼~』では鬱(うつ)や強迫性障害などの精神障害を抱え、教師一家殺害事件の容疑者という難しい役を演じる彼女。おそらく自然に役柄に溶け込み、いままでとは違う面を見せてくるとは思う。また、映画『ビリギャル』の有村架純ほどの衝撃度はないが、金髪姿も話題にはなるだろう。好き嫌いは別として、連ドラの主演候補であることは間違いない。『無痛~診える眼~』で浜辺美波の別の引き出しを感じとってみたい。

*1(2015年10月16日更新):初回の視聴率は11.6%だった。ちなみに裏の『偽装の夫婦』は期待ハズレの14.7%。なかなか健闘したね。女性ファンにしてみれば、とりあえず西島秀俊が主演だから初回くらいは見てみようかというところだったのか。

(関連記事)
旬の女優ランキング2015~2016、5位は浜辺美波
『怪盗 山猫』の広瀬すず、感情表現が絶品
『エンジェル・ハート』で香瑩(シャンイン)役、三吉彩花が見られるだけで満足
『デスノート』でニア役、優希美青はホリプロ期待の星?

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク