『偽装の夫婦』で宅配業者役、工藤阿須加の成長力に期待

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
偽装の夫婦 DVD-BOX [ 天海祐希 ]

天海祐希が主演を務める日本テレビの連続ドラマ『偽装の夫婦』が10月7日(水)の夜10時からスタートする。注目点はいろいろあるが、キャスト的には工藤阿須加(くどうあすか)が気になるところだ。

本題に入る前に、スタッフについて触れておく。

脚本:遊川和彦(『○○妻』『純と愛』『家政婦のミタ』『リバウンド』『演歌の女王』『女王の教室』)
チーフプロデューサー:伊藤響(『花咲舞が黙っていない』シリーズ、『○○妻』)
プロデューサー:大平太(『○○妻』『Woman』『35歳の高校生』『家政婦のミタ』『リバウンド』『演歌の女王』『女王の教室』)、高明希(『35歳の高校生』)、田上リサ
演出:深川栄洋(映画『神様のカルテ』『洋菓子店コアンドル』『白夜行』『60歳のラブレター』)、石尾純(『家政婦のミタ』『リバウンド』『ホタルノヒカリ2』)、日暮謙(『○○妻』『家政婦のミタ』『リバウンド』)

何といっても最大の注目は脚本家。最終回の視聴率が40.0%、平均で25.2%を叩き出した『家政婦のミタ』(2011年)の遊川和彦が担当するのだ。主要スタッフが『家政婦のミタ』チームで占められる中、最高責任者となるチーフプロデューサーは『花咲舞が黙っていない』シリーズを成功させている伊藤響。いまの勢いを持続させようとしているのか。そして、演出は映画界から深川栄洋監督を呼び寄せた。日本テレビの『偽装の夫婦』に賭ける並々ならぬ思いが感じられる。こんな力の入った連ドラに工藤阿須加は起用されたのだ。

父は野球選手の工藤公康なので親の七光りみたいに感じてしまうが、工藤阿須加の俳優としての潜在能力は高い。それは彼がパパドゥに所属していることからも推測できる。伊武雅刀、江口洋介、瑛太、永山絢斗など、少数精鋭の実力派が揃うプロダクション。それなりの才能がなければ、こんな事務所に在籍できるわけがないからだ。

僕が彼を意識したのは2014年頃。『ルーズヴェルト・ゲーム』が放送され、三菱地所やキリンビバレッジ FIRE Double MountainのCMが流れている時だった。今年は連ドラでは春に『アルジャーノンに花束』、夏に『HEAT』と連続して出演しているが、いずれも芯の強さを感じさせるキャラクターを演じている。この辺り、厳しい野球界で長期にわたり活躍してきた父の精神性を受け継いでいるように感じる。

『偽装の夫婦』で演じるのは宅配業者、弟子丸保の役。いまの段階では偽装結婚をする主人公、嘉門ヒロ(天海祐希)にどう関わっていくのかはわからない(*1)。ただ、キャスト・スタッフ共に実力派が揃っている中、下手な役者であれば浮いてしまう。だからこそ、ある程度の力がある俳優としてお墨付きをもらったようなものだと思う。後は回数を重ねるごとで様々なことをどんどん吸収し、見ているこちらを魅了してくれる存在になっていくのではないかと秘かに期待している。

*1(2015年10月11日更新):嘉門ヒロ(天海祐希)の偽装結婚の相手、ゲイである陽村超治(沢村一樹)に想いを寄せられる役なんだね。この先、超治と深い仲になるとは思えないし、あまり重要な役ではないのかなあ…。

(関連記事)
『家売るオンナ』でダメ社員役、ようやく工藤阿須加が演技開眼
阿部寛の『下町ロケット』、半沢超えは無理でも内容には期待
松坂桃李主演の『サイレーン』、成功の鍵を握るのはあの人!?
『民王』の菅田将暉が突き抜けていて面白い
『無痛~診える眼~』で金髪の南サトミ役、浜辺美波には注目しておきたい