『デスノート』でニア役、優希美青はホリプロ期待の星?

『デスノート』でL役の山﨑賢人に負けないくらいの個性を放っているのがニア役の優希美青(ゆうきみお)だ。

役柄的な性別は不明。正確にはメロという人格も持つ二重人格者である。ネットで優希美青を検索してみると「演技が下手」という意見を見かけるが、僕はそうは思わない。むしろ、心配しているのは将来性だ。

彼女はホリプロタレントスカウトキャラバンの優勝者である。デビュー時から脚光を浴び、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)に出演。その後、『マッサン』(2015年)では主人公の養女・エマ役を演じていた。キャリアだけを見れば、順調にスターへの階段をのぼっているように感じる。しかし、いくつかひっかかる点があるのだ。

ホリプロタレントスカウトキャラバンといえば、深田恭子(1996年)や石原さとみ(2002年)を輩出している伝統のオーディションである。しかし、もう10年以上はスターを生み出していない。ホリプロのような大手事務所がそんな失敗を続けているのは何かおかしい。審査員の目やその審査基準も含め、何かが狂ってはいないか。だから「優勝者」の看板は、逆に不安感を抱いてしまうのだ。

また、ニアという強烈なキャラクターを演じている点も気になる。画面に映った姿は魅力的なのだが、これは長い女優人生を考えれば特殊な役。コスプレじゃない普通の役に戻った時、そのギャップが大きすぎて印象に残る演技ができるのかが心配なのだ。

例えば、ここで主演映画の『でーれーガールズ』(2015年)の予告編を見てみる。とても優等生的な感じで、だからこそNHK関係者に好かれたのかもしれないが、何か顔付きが物足りないのである。

ホリプロの稼ぎ頭といえば芸能界のトップにも位置する綾瀬はるかだ。年上の深田恭子では彼女のポジションにのぼりつめられない。いま、石原さとみはのってはいるが、綾瀬はるかとたった2歳しか違わない28歳。ホリプロにしてみれば、超一線級のスターの登場を望んでいるのに、一向に現れてこない状況が続いている。では、優希美青がそこに到達できるのか。現段階では難しいと感じる。

まあ、とはいってもまだ16歳の少女に大きな期待をかけすぎるのも酷だろう。それでも、ホリプロの看板を背負っていくからには、それなりの活躍は望まれる。学校に通っているのかどうかわからないけれど、まずは大学までは行って勉強し、恋もして大人の経験を積むべきだ。少し時間はかかるが、そこから滲み出てくるものはきっとある。その時に女優としての最終到達点が見えてくる。いま、ドラマファンは優希美青をどう見ているのだろうか。その辺り、僕はとても興味がある。

(関連記事)
『デスノート』で夜神月の妹役、藤原令子は将来のスター候補
『無痛~診える眼~』で金髪の南サトミ役、浜辺美波には注目しておきたい