『ナポレオンの村』のイケメン、永瀬匡は連ドラの主演候補

『ナポレオンの村』の第4話が終了。8.5%の視聴率って、相変わらず見られてないんだね。でも、内容はかなりいい。好きだなあ、このドラマ。さて、視聴率のことはさておき、一人気になる若手俳優がいるので触れておこう。神楽村青年団のメンバーで一際目立つイケメン、牛山紋二役の永瀬匡(ながせたすく)だ。

こんな都会臭のするモデルみたいな奴は限界集落と呼ばれる過疎地にはいないだろう、というのが最初見た時の印象だった。別に演技が際立っていいわけではないけど、何か気になるなあと思ってプロフィールを調べてみて愕然とした。彼の所属事務所、研音なんだね。

主演の唐沢寿明が研音。市長役の沢村一樹、星河市役所の職員役の水谷果穂も研音(『ナポレオンの村』で市役所の職員役、水谷果穂の今後が楽しみ)。つまり、『ナポレオンの村』は研音だらけだったわけだ(他にもいるかも)。

この事実を知って、急速に永瀬匡に興味を抱いた。彼がレギュラー出演していた連ドラでは『恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~』(2012年)を見ていたけど、ほとんど印象に残っていない。『ナポレオンの村』では存在感こそ出てきたが、まだ気持ちだけが前に出て体がついていっていない感じ。心と体の一体感に乏しいのだ。でも、いまは舞台や映画に積極的に出演しているようだから、演技力についてはこれからだろう。

同じく研音で同年齢の福士蒼汰は『恋仲』で一足早く連ドラの主演を務めたけど、永瀬匡もいつかはあると思う。まだ粗削りながら、それだけの逸材であることは間違いないよ(映画『ズタボロ』では主演を経験済み)。

(関連記事)
仮面ライダー俳優を経て『下町ロケット』で立花洋介役、竹内涼真は将来のスター候補
『表参道高校合唱部!』で美しき生徒役、高杉真宙は連ドラの主演候補
『民王』の菅田将暉が突き抜けていて面白い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
この記事を読んだ人はこんな記事にも関心があります
スポンサーリンク
スポンサーリンク