生田斗真って、何であんな寂しげな目をしているんだろう


ウロボロス ~この愛こそ、正義。 DVD-BOX

『ウロボロス』に出演している生田斗真は演技にリアリティがある。実際、何か深い闇を抱えているように感じるのは僕だけだろうか。

児童養護施設・まほろばで育った龍崎イクオの役。幼なじみが段野竜哉(小栗旬)だ。ある日、施設職員の結子先生(広末涼子)が何者かに殺される。二人は犯人への復讐を誓い、警察とヤクザという相反する世界に属して真犯人を追い求めていくというストーリーだ。

ここでは闇を抱えているキャラクターなので、そう見えるのは演技のうまさを証明しているともいえる。しかし、彼に対してそう感じたのは、いつからだったかは思い出せないが、『ウロボロス』に出演する前からだ。

ジャニーズ事務所としては異色のタレントで、ほぼ俳優一筋。この辺りは風間俊介にも通じるものがある(怪優・風間俊介の次作は、視聴率が心配な『あすなろ三三七拍子』)。育った環境はまったくわからない。人物像を調べてみると、「真面目」「誠実」というキーワードが見えてくる。ということは、仕事に対しては一生懸命に取り組む人なのだろう。演じるキャラクターにどっぷりとハマってしまう性格なのかもしれない。もし、それが暗いキャラクターだったら、私生活で心が落ちてしまうという危険性もある。そこで出演歴を調べてみると、妙にひっかかる部分があることに気が付いた。

ドラマ『世にも奇妙な物語 秋の特別編「自殺者リサイクル法」』(2009年)
映画『人間失格』(2010年)
映画『脳男』(2013年)

深夜枠の連続ドラマだったが、『魔女裁判』(2009年)で初主演を務めた後、彼は映画界へ飛び出して行った。そのまま、ドラマ界で仕事をしていれば順調に主演作をこなしていたと思う。しかし、彼はそれをしなかった。当時、僕は本当は映画をやりかったのかなあと思っていた。そして、初めて選んだ作品が太宰治のあの『人間失格』である。

人間失格

巷では明るいキャラクターで通っているが、生田斗真には何だか「死」がチラつく。僕が感じていることが現実に起こらなければいいが…。

(関連記事)
『ウロボロス』の上野樹里、抑えた感情表現とほのかな色気がいい
『ウロボロス』の滝藤賢一、そろそろ演技賞を総なめかもね
『ウロボロス』は生田斗真の代表作となるか
『問題のあるレストラン』の東出昌大、演技上の問題はなし