『きょうは会社休みます。』で綾瀬はるかが演じる青石花笑が愛おしい


きょうは会社休みます。 DVD BOX

綾瀬はるかがカワイイ。いや、彼女がカワイイのは当たり前。『きょうは会社休みます。』で演じる青石花笑がたまらなくカワイイのだ。

本当に『ファーストクラス』との直接対決はもったいない。どちらかが視聴率で「敗北」という烙印を押されてしまうからだ。しかし、初回を見て決まった。どちらの内容がいいかということより、僕は『きょうは会社休みます。』派なのだ。

第1話ではホロッとしたシーンに反応し、第2話ではそれに加えて数多く挿入された微笑ましいシーンに反応した。ちょっと綾瀬はるかの演技は下手に見える部分もあるが、コメディをきちんとできる女優はレベルが高いというのが僕の持論。そう考えるとやっぱり彼女はうまいのだろう。

実は綾瀬はるかが演じる青石花笑を見ていたら、ふと松雪泰子が演じたお嬢様、白鳥麗子(1993年にフジテレビで放送された『白鳥麗子でございます!』の主人公)を思い出した。

男知らずと世間知らず。

どちらも常識を知らないから、普通の人には奇妙な行動をとっているように見えてしまう。でも、それは本人にとって自然な振る舞いなのだ。とにかく一つ一つの仕草が愛おしい。僕は綾瀬はるかが演じる恋愛に疎い女性、青石花笑に恋をしてしまったようだ。

(関連記事)
『きょうは会社休みます。』の玉木宏、やっぱり主演級の存在感
福士蒼汰が『きょうは会社休みます。』で好演、2016年の活躍が楽しみ
4Kテレビの普及に向けて、綾瀬はるかの『精霊の守り人』が始動
『ドクターX』が絶好調、次は米倉涼子版の『anego[アネゴ]』が見たい

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク