佐野ひなこが『地獄先生ぬ~べ~』に出演、女優として成功する可能性は?


地獄先生ぬ〜べ〜 DVD-BOX

佐野ひなこが10月11日(土)からスタートする日本テレビの連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』に生徒役(細川美樹)で出演する。人気急上昇中のグラビアアイドルなので、いかにもビジュアル重視で起用されたように見える。しかし、意外に女優として成功する可能性はあるのではないかと感じている。

その理由はホリプロに所属しているタレントだからだ。もちろん、本人の「女優力」は重要。その上で有名な事務所はバックアップする体制がしっかりしているので(演技レッスンの充実、話題作への優先的な出演など)、能力を引き出しやすくなるわけだ。

キャラクターはちょっと違うが、先輩の優香がいい例だ。彼女はスタイルのよさが注目され、その後何となく女優路線へ転向。そこで演技の下手さが露呈する。それでも粘り強く出演し続け、ある段階から女優と呼べる領域までのぼりつめていった。

その他、ホリプロの女優について簡単に触れてみる。

稼ぎ頭はいまや日本一の女優である綾瀬はるかだ。振り返ってみれば彼女もグラビア系出身。個人的に好きなのが芦名星、石原さとみ、深田恭子。実力を評価されて人気が高まっている木南晴夏もいる。演技者として好きなのは戸田菜穂だ。水崎綾女はグラビアで見事な体を披露しつつ、一気に方向転換して女優として成長している一人。こうしてあらためて見てみると、ホリプロは異なるキャラクターの女優が多数活躍していることがわかる。

佐野ひなこ ファースト写真集 Hinako

さて、本題の佐野ひなこである。先日放送が終了した『水球ヤンキース』を見る限り、確かに演技がうまいとは思わない。ただ、落ち着いて話すシーンでは声のトーンは悪くない感じだ。今回の『地獄先生ぬ~べ~』で女優開眼とまでいくとは思わない。しかし、後に出演する何かの作品で化ける可能性はある。あれだけ下手だった優香がそれなりの女優になったのだから。いまの雰囲気だけで佐野ひなこが女優に向いていないと判断するのは早計だ。

(関連記事)
『デスノート』はひたすら佐野ひなこが見たいだけ
桐谷美玲には『地獄先生ぬ~べ~』への出演を蹴って、主演を目指してほしかった

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク