沢尻エリカの『ファーストクラス』、視聴率で大波乱の予感

ファースト・クラス [DVD]

沢尻エリカが主演を務めるフジテレビの連続ドラマ『ファーストクラス』が、いよいよ来週の10月15日(水)から放送される。裏番組では日本テレビで綾瀬はるか主演の『今日は会社休みます。』も放送を開始。フジテレビは視聴率で負け続けているが、今度は勝つ可能性があると感じてきた。

ひとまず、直近3クールの平均視聴率を比較してみる。

水曜夜10時のドラマ対決
日本テレビ×フジテレビ

・2014年冬クール
『明日、ママがいない』→12.9%×『僕のいた時間』→10.1%
(主演:芦田愛菜×三浦春馬)

・2014年春クール
『花咲舞が黙ってない』→16.1%×『SMOKING GUN』→7.4%
(主演:杏×香取慎吾)

・2014年夏クール
『ST 赤と白の捜査ファイル』→11.4%×『若者たち2014』→7.7%
(主演:藤原竜也×妻夫木聡)

2014年秋クール
『今日は会社休みます。』→?%×『ファーストクラス』→?%
(主演:綾瀬はるか×沢尻エリカ)

見ての通り日本テレビが勝ち続けている。そして、なぜか女性(女の子)の強さが目立つ。今度は女優対決。普通に考えれば綾瀬はるかなのだが、いまはすんなり決まらないのではと感じている。

実は以前、直感で『ファーストクラス』が低視聴率で終わると予想して記事を書いた(『ファースト・クラス』続編、視聴率低迷で沢尻エリカが荒れる!?)。しかし、きちんと調べてみて、この予想は間違っていたかもしれないと思い始めたのだ。ここでひとまず、『ファーストクラス』第1話の予告編を見てほしい。

沢尻エリカは前作とそれほど雰囲気は変わらない。変わっているのは脇役だ。木村佳乃、倉科カナ、余貴美子、小島聖、夏木マリ、そして以前このサイトで紹介したシシド・カフカなど(シシド・カフカは『ファーストクラス』のキーパーソン、破壊力のあるキャラに注目)、出演者の顔付きに凄みがあるのだ。作り手の気迫を感じる。

『今日は会社休みます。』が綾瀬はるかのかつての栄光にあぐらをかいていれば、『ファーストクラス』の勢い・総合力に負けてしまう。水曜夜10時のドラマ対決は大波乱の予感がする(*1)。

*1(11月1日更新):『ファーストクラス』の視聴率は1話8.8%→2話8.3%→3話5.8%。『きょうは会社休みます。』は1話14.3%→2話17.0%→3話17.1%。予想は完全にはずれた。ここまで差がつくとはね…。

(関連記事)
『ファーストクラス』の鈴木ちなみには期待していない
淵上泰史にとって『ファーストクラス』は飛躍のチャンス
『きょうは会社休みます。』で恋人役、福士蒼汰にチャンスが到来

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
この記事を読んだ人はこんな記事にも関心があります
スポンサーリンク
スポンサーリンク