『ディア・シスター』ではカワイイだけではない石原さとみが楽しめそう


ディア・シスター DVD BOX [ 石原さとみ ]

石原さとみと松下奈緒のW主演で贈るフジテレビの連続ドラマ『ディア・シスター』が10月から木曜夜10時枠で放送される。いろいろ調べてみたが、最後は石原さとみが一番おいしいところを持っていくんじゃないかなあと感じた。

簡単にいえば姉妹愛をテーマにしたラブコメディ。何でいま「姉妹愛」なのかと思い調べたところ、大ヒット映画『アナと雪の女王』(2013年)に辿りついた。初めはずいぶん安易な企画だと思ったが、どうやら中野利幸プロデューサーがずっと追求しているテーマのようなのだ。

この人、理由はわからないけれど家族間の愛にこだわっている。以下、主な関連ドラマを抜粋してみた。

『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』(2007年)→母と息子
『イノセント・ラヴ』(2008年)→兄と妹
『ラスト・シンデレラ』(2013年)→(ネタバレになるので詳細は伏せる)

特に『ラスト・シンデレラ』は平均視聴率15%をとって成功した。今回はそのスタッフ(脚本:中谷まゆみ、演出:田中亮)が再結集。十分な経験を積んだので、今回は姉妹愛というテーマに沿って、さらに作品のクオリティを追求していこうとする感じがする。

さて、少々前置きが長くなったが、石原さとみに話を戻そう。キャラクターは姉(松下奈緒)が生真面目で、妹(石原さとみ)が天真爛漫。お互いにある秘密を抱えているという設定。そのため、秘密が明らかになった時の衝撃が大きいのは明るい性格の妹だ。つまり、石原さとみが最後はおいしいところを持っていくと予想する。実際、石原さとみの方が演技はうまいし、いまは人気も上だろう。『ディア・シスター』ではカワイイだけではない、女優・石原さとみが楽しめそうだ。

(関連記事)
校閲ガール』は石原さとみの真の代表作になるか
杉本有美が『黒服物語』でキャバクラ嬢、次は話題作に出演してほしい
『下妻物語』から10年、深田恭子が『女はそれを許さない』で再び輝くか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
この記事を読んだ人はこんな記事にも関心があります
スポンサーリンク
スポンサーリンク