斎藤工がNHKドラマ『ダークスーツ』で主演、2015年は人気が炸裂か

斎藤工 蜷川実花


フジテレビの連続ドラマ『昼顔』が平均視聴率13.9%で終了した。まずまずの結果。その立役者は何といっても斎藤工であろう。そして、休む間もなく次のドラマへの出演が決定。しかも今度は主演である。タイトルは11月22日(土)の夜9時から放送されるNHKの土曜ドラマ『ダークスーツ』だ。

役柄は電器メーカーの営業マンである。本社と子会社の間でやりとりされる裏金の事実を知り、会社を正しい方向へ導こうとする熱き男を演じる。NHKの土曜ドラマといえば傑作『ハゲタカ』(2007年)を生み出した放送枠だ。骨太の社会派作品を手掛けることで定評があるので、『ダークスーツ』も内容的に期待できるだろう(重いドラマが苦手な人はダメかも)。

ところで、斎藤工の主演ドラマは『最上の命医』に引き続き2作目かと思っていたが、調べてみるともう少しあった。ここで年代順に書き出してみる。

『オトコマエ!』(2008年・NHK)
『オトコマエ!2』(2009年・NHK)
『クロヒョウ 龍が如く 新章』(2010年・TBS)
『最上の命医』(2011年・テレビ東京)
『QP』(2011年・日本テレビ)
『クロヒョウ 龍が如く 阿修羅編』(2012年・TBS)

続編があるので実質的には4作で、『ダークスーツ』は5作目となる。ちなみに、このドラマは全6回なので最終回は12月27日(土)の予定。NHKの重要なドラマ枠で主演なのだから、もう民放ゴールデンタイムの主演も確実。2015年は「斎藤工イヤー」になりそうだ。

(関連記事)
斎藤工が『医師たちの恋愛事情』で医者役、注目度は高いが共演女優が物足りない
『昼顔』で確かな存在感、斎藤工は次のドラマで主役か

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク