男の色気が漂う青柳翔が『ゼロの真実』で監察医役


ゼロの真実~監察医・松本真央~ DVD-BOX

テレビ朝日の連続ドラマ『ゼロの真実~監察医・松本真央~』が7月19日から放送される。設定的には『BONES(ボーンズ)』(2005年~)のようで、主演はすっかり鮮度が落ちてしまった武井咲。視聴率的には苦戦が予想されるが、気になる俳優が出演している。児玉吉人に扮する青柳翔(あおやぎしょう)だ。

あらためて彼が出演したドラマのラインナップを眺めてみた。初めて見たのは『LADY~最後の犯罪プロファイル~』(2011年)になる。しかし、どこに出ていたのかさっぱり覚えていない。記憶に残っているのは、その後に出演した『私が恋愛できない理由』(2011年)だ。

ここでは大島優子扮する登場人物が勤める小さなレストランでシェフを演じていた。初めは演技慣れしていない印象を持った。そして、モデル出身者のようにも感じた。所属はLDHで、劇団EXILEのメンバーである。俳優デビューが2009年なので当時はまだ2年目。それでどこかぎこちなさがあったのだ。それでも、2人の間に流れる男女の緊張感は絶妙であった。これは演出やキャラクター設定によるものが大きいが、佇まいはよかった。おそらく私生活でももてるのであろう。男の色気がにじみ出ているのである。

さて、今回は武井咲同様に監察医の役。まだ、どの程度重要なポジションにいるのかはわからない。ただ、まわりは癖のある役者揃い。俳優として成長するにはもってこいの舞台だ。武井咲が演じる主人公と男女の関係になるようだったら、彼の個性が発揮されるか。ちょっと注目。

(関連記事)
『昼顔』は斎藤工にとって俳優人生を左右するドラマになる?
『昼顔』の淵上泰史は大物かもしれない

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク