渡辺謙に山田太一、『おやじの背中』で一線級の世界観を堪能したい

許されざる者 [DVD]


渡辺謙ほど世界で活躍している俳優はいないだろう。単なる端役ではなく、重要なポジションにキャスティングされ強烈な存在感を示す。かつては松田優作にも近いイメージはあったが、志半ばで亡くなってしまった。そんな彼が『おやじの背中』~『よろしくな。息子』に出演する。しかも脚本を担当するのは山田太一だ。

ワールドクラスの渡辺謙に日本のドラマ界を代表する脚本家・山田太一。一見、相性が悪いように感じるかもしれない。かつて僕はそう思っていた。単発ドラマ『星ひとつの夜』(2007年)を見るまでは。

ネタバレをするのは好きではないので詳細には触れない。簡単にいえば、渡辺謙がスケール感を抑えて、こじんまりとした山田太一ワールドの中に溶けこんでいるイメージ。とても新鮮だった記憶がある。

そんな二人が再びコンビを組む。キャスト的に旬の俳優、東出昌大が注目されることは想像できるが、渡辺謙と比べてしまうとどうしても物足りない。ただ、彼にとってはチャンス。ここで得られるものは相当大きいはずだ。

山田太一の繊細さ、衰えることのない瑞々しい感性と鋭い視点。そこに渡辺謙の俳優としての奥深さが加わる。一線級の仕事人が放つ世界観をたっぷりと堪能したい。

(関連記事)
『おやじの背中』の広瀬すず、出世コースをまっしぐら
『おやじの背中』、松たか子はまだ輝きを失っていなかった
『おやじの背中』の満島ひかりは必見!?
『おやじの背中』の堀北真希、野ブタ・コンビ復活がいい刺激になるか