『昼顔』の北村一輝、濃い画家役で真夏をさらに暑くする!?


破門(疫病神シリーズ) Blu-ray-BOX【Blu-ray】

北村一輝は主役ではちょっと弱いけれど、脇役としては欠かせない貴重な俳優だ。

あれだけ濃い顔立ちだと、個性が消せずに役が限定されてしまうと思う。しかし、不思議なことに、与えられた役にはまってしまう。いや、決してすっぽりとはまっているわけではない。適度に個性は残しつつ、役柄を自分の方に引き寄せるイメージだ。

出演ドラマの中で特に強烈だったのは『あなたの隣に誰かいる』(2003年)と『夜王~YAOH~』(2005年)。最近は比較的ソフトな雰囲気の役柄が多いが、イメージを固定化させないように考えているのだろう。

さて、今度は『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』に出演する。吉瀬美智子演じる人妻と不倫関係に落ちる画家の役だ。確かにこれもはまりそう。芸術家ということはキャラクター的にはディープな設定か。吉瀬美智子があまり演技がうまい女優ではないので、北村一輝がリードしてクオリティを追求していくことになるはずだ。

真夏をもっと暑くする大人の恋愛。注目されるのは上戸彩と斎藤工の組み合わせだろうが、その「濃さ」では吉瀬美智子と北村一輝も負けないはずだ。

(関連記事)
匂い立つような肉体美、『昼顔』の北村一輝が強烈
『昼顔』は斎藤工にとって俳優人生を左右するドラマになる?
『昼顔』の淵上泰史は大物かもしれない
『昼顔』では上戸彩のセクシーなシーンに期待

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク