『昼顔』の淵上泰史は大物かもしれない

『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の中心キャストは、女優では上戸彩と吉瀬美智子、俳優では斎藤工と北村一輝だ。ただ、もう一人、気になるキャストがいる。淵上泰史(ふちかみやすし)である。

骨っぽい監督との仕事が目立つ

彼の出演作はほとんど見ていないが、顔だけは覚えている。それにしてもそのラインナップが凄い。

デビュー作は廣木隆一監督の映画『軽蔑』(2011年)。その後、大友啓史監督の『プラチナデータ』(2013年)や青山真治監督の『共喰い』(2013年)に出演。ドラマでは鶴橋康夫が演出した『野良犬』(2013年)、話題作では『運命の人』(2011年)や『S -最後の警官-』(2014年)がある。

特徴的なのはまだキャリアが浅いにも関わらず、なかなか骨っぽい監督と組んでいる点だ。事務所(大森南朋が所属するアパッチ)の力が大きいのは当然だが、それなりのポテンシャルがあるのだろう。

いずれ、脚光を浴びる日が来るはず

YouTubeにアップされている映像で確認してみたが、なかなかいい顔付きをしている。危険な雰囲気が漂う一方で、繊細な面も併せ持った演技を見せている。まだ『昼顔』での役柄はわからない(*1)。あまり重要な使われ方はしないかもしれない。しかし、この男、なかなか大物感が漂っている。いずれ、脚光を浴びる日が来るはずだ。

*1(6月29日更新):役柄は滝川利佳子(吉瀬美智子)の不倫相手。

(関連記事)
旬の俳優ランキング2015~2016、10位は淵上泰史
『恋がヘタでも生きてます』でプログラマーの橋本司役、淵上泰史がワイルドな魅力を披露
淵上泰史にとって『ファーストクラス』は飛躍のチャンス
『昼顔』の北村一輝、濃い画家役で真夏をさらに暑くする!?
『昼顔』は斎藤工にとって俳優人生を左右するドラマになる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
この記事を読んだ人はこんな記事にも関心があります
スポンサーリンク
スポンサーリンク